タクシー配車アプリ「DiDi」、兵庫エリアでもサービス提供開始 国内4地域目

2019年度内に全国13都市に拡大予定



タクシー配車アプリ「DiDi」を展開するDiDiモビリティジャパン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:Stephen Zhu)は2019年5月29日、国内4地域目のサービスエリアとして「兵庫エリア」が新たに加わったことを発表した。







DiDiは2018年9月に大阪でサービス提供が始まり、その後、2019年4月から京都と東京でも展開をスタートさせていた。兵庫エリアでは神戸相互タクシーや第一交通産業グループの神戸第一交通などと提携し、配車サービスを利用者に提供する。

報道発表で同社の菅野圭吾副社長は「兵庫には南京町の中華街や、旧居留地など、日本人観光客と訪日外国人の双方に人気の観光地が多くあり、地元の方だけでなく観光客の皆さまにもスムーズな移動をご提供できればと考えております」と述べている。

DiDiモビリティジャパンは中国のライドシェア大手Didi Chuxingとソフトバンク株式会社が共同で出資し、2018年6月に設立された。2019年度中にDiDiのサービスエリアを全国13都市に拡大する予定であることを既に発表している。







関連記事