DeNA、タクシー後部座席の動画広告配信をスタート 1万台で配信

10.1インチワイドのタブレット端末に





出典:DeNAプレスリリース

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区:代表取締役社⻑兼CEO:守安功)=DeNA=は2019年2月4日、タクシーの車内に設置したタブレット端末に動画広告を配信するサービスの提供を同日から正式にスタートしたと発表した。

この動画広告配信サービスの名称は「Premium Taxi Vision by DeNA」。提携予定のタクシーを含めた1万台にタブレット端末を搭載させ、その端末に動画広告を配信するというサービスだ。タブレット端末のサイズは「10.1インチワイド」。







DeNAは同サービスの強みとして「大画面・高精細な動画配信」「落ち着いた広告接触環境」「際立つターゲット属性」の3点を挙げている。

このサービスについてDeNAは2018年10月下旬に報道発表を行っており、そのときから2019年1月末までに250件以上の問い合わせを受けたという。そのため、2〜3月の広告枠は既に満稿となっている。

タクシーの車内向け広告事業は、自動運転タクシーの車内広告事業への横展開にもつなげやすい魅力ある事業だ。今後この事業に参入する企業も増えていくとみられる。







関連記事