カーシェアでの直行直帰を推奨、「無駄な移動時間の削減」目的が9割

タイムズ24が法人会員向けにアンケート





パーク24傘下のカーシェアリング大手・タイムズ24株式会社(本社:東京都品川区/社長:西川光一)は2019年6月25日、「カーシェアによる働き方改革」に関するアンケート結果を発表した。

アンケートはカーシェアサービス「タイムズカーシェア」の法人会員を対象に実施したもので、調査期間は2019年4月16日から19日。







管理者向けに行ったアンケートの結果によれば、働き方改革に取り組む企業や事業所の34%が従業員に対してカーシェアを活用した直行直帰を推奨しているといい、その目的としては約9割が「無駄な移動時間の削減」を挙げているという。

出典:タイムズ24プレスリリース

一方で運転者向けに行ったアンケートの結果としては、半数以上が月に1回以上カーシェアで直帰しているということが明らかになった。カーシェアで直行直帰をしている人のカーシェアに対する満足度は98%にも上るという。







関連記事