AI配車の相乗りシャトルサービス、都内で試験運行 NearMeがシステム開発

京急とサムライインキュベートと共同で





出典:NearMeプレスリリース

AI(人工知能)配車システムを活用したオンデマンド型の相乗りシャトルサービス「スマートシャトル」が、2019年8月21〜27日に東京都内で試験運行される。

使われるAI配車システムは、タクシーの相乗りアプリを開発する株式会社NearMe(本社:東京都千代田区/社長:髙原幸一郎)が開発したもので、実証実験は京浜急行電鉄とサムライインキュベートとともに取り組む。







発表によれば、実証実験は京急イーエックスインホテルグループに宿泊する観光客やビジネスパーソンを対象に行い、都内の任意の場所か羽田空港までのルートを運行するという。相乗りシャトルは最大9人乗り。

報道発表では実証実験を行うサービスについて「複数の利用者からのリクエストに基づいて最適なルートで運行する次世代型のモビリティサービス」と説明している。

NearMeは「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」の第2期で採択企業となっている。相乗りアプリについては「公式サイト」も参照。







関連記事