「AIバス運行×地域」の連携!全国初の実証、横須賀市で

京浜急行電鉄が発表、NTTドコモと





出典:京浜急行電鉄プレスリリース

AI(人工知能)を活用して効率的にバスを運行させる——。そんな仕組みがいま注目を浴びている。神奈川県横須賀市では2019年12月、こうした仕組みを実装した「AI運行バス」を地域の商業施設などと連携して走行させる実証実験が、全国で初めて実施される。

今回の実証実験は、横須賀市と京浜急行電鉄、NTTドコモの3者が主体となって実施する。2019年12月9日~2020年2月24日の期間中、利用者はアプリかコールセンターを通じてバスの予約を行い、AIがその予約状況によって予約者の乗車車両を決める。







今回の実証実験では、AI運行バスの利用者に対して地域の商業施設や店舗の情報発信とクーポン配布ができる機能も試す。

横須賀市は「横須賀スマートモビリティ宣言」を掲げ、産学官が一体となって移動課題の解決や地域活性化に向けて取り組んでいる。今回はその取り組みもその一環だ。

またこの取り組みは国の「スマートモビリティチャレンジ」プロジェクトにおける経済産業省のパイロット地域分析事業の一つに採択されている。







関連記事