終わり無き「ハッカーvs車」の仁義なき戦い ACCESS社、蘭セキュリティ企業「Irdeto」と協業

コネクテッドカーを攻撃から守れ!





IoT事業を手掛ける株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:大石清恭)は2019年1月10日までに、オランダのサイバーセキュリティ企業Irdetoと車載データサービス向けのセキュリティ分野で協業すると発表した。







コネクテッドカーの開発が進む中、自動車業界ではインターネット経由でのハッキングの驚異から車両を守る技術に対する需要が高い。

両社は今後、自動車に配信される情報コンテンツやコネクテッドカー内のネットワーク通信などの保護を強化するため、セキュリティ性が高い車載サービス環境の構築に向けた研究開発に共同で取り組んでいく。

独立系ソフトウェア企業であるACCESS社は自動車向け事業として、自動車メーカー向けのマルチメディア・コンテンツサービス「ACCESS Twine for Car」を提供するなどしている。

Irdeto社は1969年設立のオランダ企業で、デジタルプラットフォーム向けのセキュリティ分野で世界的に評価が高い。

【参考】関連記事としては「自動運転とデータ通信…V2IやV2V、5Gなどの基礎解説」も参照。







関連記事