ホンダ、米GMと自動運転開発で提携 無人ライドシェア用車両を開発へ 子会社クルーズに850億円出資

3社でグローバル展開も視野


本田技研工業株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:八郷隆弘)は2018年10月3日、自動運転技術を搭載した無人ライドシェアサービス用の車両を開発するため、米自動車メーカー大手のゼネラルモーターズ(GM)と同社の自動運転開発会社クルーズと、協業を行うことに合意したと発表した。







本田技研工業はクルーズへ7億5000万ドル(約850億円)を出資する。発表によれば、無人ライドシェアサービス事業を3社で世界展開することも視野に入れている。

ソフトバンクは今年クルーズへの投資を発表している。今回の発表に合わせ、クルーズのカイル・ヴォグト最高経営責任者(CEO)は「グローバルで安全な自動運転技術を普及させるための十分な経営資源を獲得した」とコメントを出している。ソフトバンクとホンダの出資が完了した場合、クルーズの企業評価額は146億ドル(約1兆8000億円)に上るとみられている。







関連記事