米ライドシェア大手ウーバー、低評価ユーザーの乗車拒否制を豪州などで導入へ 運転手の安全に配慮

星5つの格付けシステム導入


出典:ウーバー社メディア向け資料

米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズ(本社:カリフォルニア/CEO:ダラ・コスロシャヒ)は2018年9月19日から、オーストラリアとニュージーランドにおいて、ドライバーによる格付けが低評価の乗客の乗車を拒否する。ドライバー側の安全にも配慮した取り組みだ。

乗客は最大5点満点の枠組みで評価され、評価の平均が4点を下回ったユーザーはウーバーのアプリに6カ月間アクセス不能になる。アプリにアクセス不能となる直前には、ウーバーから乗客に向けてマナー改善のためのアドバイスが送信されるようだ。







ウーバーにとってマナー違反の乗客が減ることは、ウーバーのドライバーの離職が減ることにもつながる。そしてこうした取り組みによってウーバーのドライバーになることの魅力が増せば、自ずと応募者も増えてくる可能性がある。今回の取り組みを良い人材戦略として評価する声もある。







関連記事