小田急電鉄とヴァル研究所、自動運転バスとスマホアプリ「Yahoo!乗換案内」の連携試験 MaaSトライアルとして実施

同時にルート検索も可能に


小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:星野晃司)は2018年8月14日、乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発している株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区/代表取締役:太田信夫)と共同で、移動とサービスを組み合わせたMaaSの取り組みとして、スマートフォンアプリから自動運転バスの予約やルート検索をできるようにする実証実験を実施すると発表した。

左と中央の画像はYahoo!乗換案内の検索画面イメージ、右は駅情報の画面イメージ=出典:小田急電鉄株式会社プレスリリース

社会実証は神奈川県と小田急電鉄、江ノ島電鉄が2018年9月6日から16日にかけて実施する。スマホアプリからの予約トライアルはこれに合わせて行う。8月14日から既に自動運転バス乗車の予約を受け付けている。







使われるスマホアプリはヤフー株式会社が提供する「Yahoo!乗換案内」。発表によれば、期間限定のバス停「小田急ヨットクラブ」を設置し、アプリ内で自動運転バスのルート検索や乗車予約へのリンクなどのサービスを提供するようだ。

ちなみに自動運転バスの走行レベルは自動運転レベル3(条件付き運転自動化)相当。ドライバーもバスに乗車するものの、緊急時以外はシステム側が運転を担う。







関連記事