トヨタが東京五輪で自動運転レベル4の車両披露 MaaS専用EV車e-Paletteも登場

「エージェント機能」搭載と発表


トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)が2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせ、自動運転レベル4(高度運転自動化)相当の自動運転車の実証実験やデモンストレーションを実施する。2018年7月23日、報道発表を行った。







【参考】自動運転レベルの定義については「自動運転レベル0〜5まで、6段階の技術到達度をまとめて解説|自動運転ラボ 」も参照。

発表によれば、人工知能(AI)を活用してヒトの感情や趣向を認識・推定し、ヒトと会話をする「エージェント機能」を搭載するという。その名も「TOYOTA Concept-愛i」。乗っている人が車からの「愛」を感じることができるような車両をお披露目するようだ。

また、モビリティー(移動手段)とサービスを組み合わせた「MaaS」専用次世代電気自動車(EV)「e-Palette」を活用し、出場選手や大会関係者の移動を支援するという。

トヨタ自動車はオリンピックとパラリンピックの「ワールドワイドパートナー」だ。通算2度目となる東京開催を強力に支援するとともに、自社の技術も世界にPRしていきたい考えだ。







関連記事