トヨタがベンチャー支援ファンド「Call for Innovation」発表 AIや自動運転も対象に?

最大で200万ドル規模投資へ


トヨタ自動車は2018年7月11日、ベンチャー企業支援のためのグローバルプログラム「Call for Innovation」を始動させたことを発表し、支援を希望する企業の応募をスタートさせた。







Call for Innovationは、米国でAI(人工知能)研究を手掛けるTRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)社と、ベンチャーキャピタル(VC)ファンドであるTAIV(トヨタAIベンチャーズ)社が共同で立ち上げた形。

発表によれば、プログラムの目的は「重要な技術課題を特定し、ベンチャー企業によるソリューションを募集することを通じてイノベーション促進を目指すもの」とされている。有望なベンチャーに50万〜200万ドル(約5500万〜約2億2000万円)を投資するとともに、実証プロジェクトなどもともに進めていくという。

ベンチャー企業支援の第1弾の募集領域は、家庭内や周辺で人々を助ける支援ロボットに使われる「モバイルマニピュレーション技術の向上」だという。ロボティクスやAI(人工知能)、自動運転、ディープラーニング(深層学習)なども将来的な募集領域に含まれていくものとみられる。

【参考】プログラムへの応募や詳細の確認は、TAIV公式ウェブサイトの「専用ページ」から。







関連記事