DeNAのタクシー配車アプリ「タクベル」、AIで進化 自動運転「Easy Ride」も開発中

神奈川県で普及進む


出典:DeNA社プレスリリース

自動運転による移動サービス「Easy Ride」の開発を進めている株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区/代表取締役社⻑兼CEO:守安功)。AI(人工知能)開発なども進めながら、日本国内で移動サービス業を本格展開することを目指している。

2018年7月10日の報道発表では、AIを活用した次世代タクシー配⾞アプリ「タクベル」の対象エリアを横浜・川崎エリアから神奈川県下へ拡大すると発表した。タクベルにはAIを活用した需要予測システムも導入される予定だという。







タクベルは神奈川県タクシー協会と共同で進めている事業だ。発表によれば、神奈川県内で約半数のタクシー事業者がタクベルを導入しているという。移動サービスにおけるDeNAの存在感が日に日に高まってきていると言えよう。







関連記事