【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平が「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2019 秋」に登壇します

2019年9月26日(木)に名古屋市で開催





出典:「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2019 秋」公式ページ

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、愛知県名古屋市で2019年9月26日(木)に開催されるモビリティ関連イベント「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2019 秋」に登壇することが決まりましたので、お知らせいたします。

同イベントではカンファレンスが午前9時45分〜午後5時50分、展示が午前10時〜午後5時にかけて行われ、下山はカンファレンスにおいて午後3時20分〜午後4時にかけて講演致します。講演タイトルと講演内容は以下の通りです。







▼講演タイトル
自動運転・MaaS時代に巨大化する既存産業とは?~2020年に向けた最新展望~

▼講演内容
「自動運転」という領域をビジネス視点で語る場合、CASE(Connected、Autonomous(自動運転)、Shared & Services、Electric)という概念にもある通り、自動運転「車」だけに限った産業ではなく、自動運転が実現する前提で広がる巨大な周辺産業を内包すべきです。自動運転車は「コネクテッドカー」でもあり「シェアード・カー」でもあるためです。自動運転社会の実現によって、史上最長の「可処分時間」が新たに生まれるとも言われており、車中での様々な消費活動も生まれることになります。
自動運転業界に精通した業界トップメディアだからこそ語れる「自動運転ビジネス」の全容について、特に「自動車製造・販売」以外の産業にどのような革新が起こるのかといった点を、最新動向を交えて分かりやすく解説します。

同イベントへの参加費は無料で、会場は「JPタワー 名古屋ホール&カンファレンス(KITTE 3F)」になります。詳しくは同イベントの公式ページ「https://www.f2ff.jp/adcc/2019/09/nagoya/」からも確認が可能です。

カンファレンスでは国土交通省やトヨタ自動車、DeNAなどからの登壇者も、自動運転やコネクテッドカー、MaaSに関する講演を行います。

【参考】このイベントについては「自動運転やコネクテッドの最新動向は!?名古屋で注目イベント開催」でも概要を紹介しています。







関連記事