VWとモービルアイが自動運転タクシー事業 2022年からイスラエルで試験開始

GMやウェイモ、ダイムラーも参入


独フォルクスワーゲンと米インテル子会社のイスラエル企業モービルアイは2018年11月1日までに、自動運転車の配車サービスを2022年からイスラエルでスタートすると発表した。世界展開も模索する。







  1. 中東が生んだ天才技術者…モービルアイ成功劇と自動運転
  2. 米インテル、自動運転技術で800万台分の巨大契約獲得
  3. 英国で2021年にAI自動運転タクシー登場か
  4. ドバイ政府「年内に国営自動運転タクシー」

今回の協業においては、VWが電気自動車(EV)、モービルアイが自動運転に必要なセンサーやソフトウェアを提供する。配車サービス自体の運営は、イスラエルでVWグループの自動車を輸入販売するチャンピオンモーターズ社が担う。試験は2019年からスタートする。

自動運転車による移動サービスは米グーグル系のウェイモが先行し、米ゼネラル・モーターズ(GM)や独ダイムラーも2019年から試験サービスを予定するなど競争が激化している。

VWが組むモービルアイは画像認識用の半導体開発を手がける会社。自動運転分野におけるキーマンの1人と言われるヘブライ大学教授アムノン・シャシュア現会長らが中心となって1999年に設立され、インテルが2017年に153億ドル(約1兆7500億円)で買収している。







関連記事