ボルボ、LAモーターショーで車両展示せず 自動運転やコネクテッドカーなどの最新ビジョン発表に注力

2018年11月26日から29日まで


オートモビリティLAでのブースイメージ=出展:ボルボプレスリリース

スウェーデンの自動車メーカー大手ボルボは2018年11月21日、米ロサンゼルスで同月26〜29日に開催される自動車展「オートモビリティLA」のブースに車を1台も展示しないことを発表した。

  1. スウェーデン・ボルボと中国バイドゥ、自動運転開発でタッグ
  2. エヌビディア製AIコンピュータ、ボルボの次世代自動車に搭載
  3. ボルボが完全自動運転コンセプトカー360cを発表 シートベルト代わりに「布団ベルト」
  4. ボルボがモビリティ新ブランド「M」発表 カーシェアやAI自動運転関連サービス提供?

通常、モーターショーでは各自動社メーカーのブースには各社の主力車種やコンセプトカーがずらりと並ぶ。ボルボは自動車業界が大きな変革期にあるとし、ブースでは同社の次世代ビジョンを紹介すると発表している。







具体的には、同社の自動運転やコネクテッドカー(つながるクルマ)などの最新戦略を説明するものとみられる。

ボルボはこれまでにハンドルが無い自動運転車として、2018年9月にコンセプトカー「360c」を発表。車内での睡眠を含めた快適性を重視しており、2033年ごろの実用化を目指している。







関連記事