カルソニックカンセイ、FCAの自動車部品部門「マニエッティ・マレリ」を買収 自動運転向けなど強化

買収額8000億円、統合で売上高世界7位に


大手自動車部品メーカーのカルソニックカンセイ株式会社(本社:埼玉県さいたま市/代表取締役社長:ベダ・ボルゼニウス)は2018年10月22日、欧州の自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービル(FCA)の自動車部品部門であるマニエッティ・マレリ社を買収することを明らかにした。







カルソニックカンセイの完全親会社であるCKホールディングス株式会社が買収する形。買収額は62億ユーロ(約8000億円)となる見込みで、2019年上半期中に買収を完了させる。

両社の合計売上高は152億ユーロ(約2兆円)と発表されており、今回の事業統合によって、売上高ベースでは世界7位の部品メーカーが誕生することになる。統合によって、自動運転車やコネクテッドカーなどの次世代自動車向け製品の開発を加速させる。

発表によれば、CKホールディングスは買収完了後に「マニエッティ・マレリCKホールディングス」に会社名を変更する。

報道発表では「世界的ネットワークを持つ独立したティア1サプライヤーを目指すカルソニックカンセイとマニエッティ・マレリの両社の戦略目標に向けた大きな第一歩」としている。







関連記事