全国初の自動運転営業バス、群馬県前橋市に登場 レベル4搭載、12月から実証実験

群馬大学や日本中央バスとともに実施


実証実験で使用される自動運転バス=出典:前橋市プレスリリース

群馬県前橋市は2018年11月27日、群馬大学と日本中央バスとともに、全国で初となる営業ナンバーによる自動運転バスの実証実験を実施すると発表した。上毛電鉄中央前橋駅とJR前橋駅を結ぶ路線で自動運転シャトルバスを運行し、乗客から運賃も受け取る。

  1. 自動運転実証実験の”常連”8車両まとめ MileeやeCOM-10、RoboCar、Robot Shuttleなど
  2. 産業技術総合研究所、遠隔自動運転の実証実験 世界初、1人で2台を運用
  3. 清水建設、自動運転車両の安全走行支援に向けて実証実験 ティアフォーが協力
  4. 愛知県、豊橋市で遠隔型自動運転車2台による実証実験 LiDARや高精度3Dマップ活用

実証実験は2017年10月20日に締結された「自動運転実証実験事業の実施に関する協定書」に基づくもの。出発式を12月12日に行い、12月14日から2019年3月末まで運行する。運賃は大人100円、こども50円。期間中全ての日で運行するわけではなく、あらかじめ決められた予定表に基づいて、週3〜4日間運行する。







実証実験では、日野自動車の小型ノンステップバス「日野ポンチョ」をベースにした自動運転バスを使用する。走行は自動運転レベル4(高度運転自動化)相当の技術で行うが、実証実験中は運転席には人が乗車する。自動運転レベル4は、限定エリアにおいてシステムが全ての運転操作を担うことができるレベルを指す。

2019年1月からは乗車・降車時のドア開閉タスクの遠隔化も行い、2月からは減速や停車の動的運転タスクの自動化も検証する。







関連記事