ICTベンチャー農業情報設計社、総額2億円を資金調達 農機の自動運転・操舵機器など提供へ

住友商事などから


北海道帯広市に本社を置く株式会社農業情報設計社は2018年11月18日までに、農機の運行支援アプリや自動運転(自動操舵)機器などの提供に向け、総額2億円の資金調達を行った。報道発表を行い明らかにした。







  1. 【各社戦略まとめ】自動運転農業機械に秘めた可能性
  2. 高い?安い? 1072万円で畑の革命…自動運転トラクターをヤンマー発表
  3. 自動で動く機械たちに韓国大手が注目

同社が第三者割当増資を実施し、農林漁業成長産業化支援機構、千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合、千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合、DGインキュベーション、D2 Garage、住友商事が出資した形。

農業情報設計社は2014年4月設立。ICTベンチャーとしてこれまでにも、トラクター向けの運転支援アプリの開発や配布、販売を実施してきた。資金調達によって自動運転機器を製造・販売し、農作業の効率化や負担軽減が進むことを目指すようだ。







関連記事