AI配車で物流業界の課題に挑戦!ゼンリンが新サービスを発表

ZENRINロジスティクスサービスの提供開始



株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市/代表取締役社長:髙山善司)と株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区/代表取締役社長:清水辰彦)は2020年10月30日までに、運送・配送業務の効率化を支援する「ZENRINロジスティクスサービス」の提供を開始すると発表した。







■物流業界の課題を解決するサービス

「ZENRINロジスティクスサービス」の主な機能は3つある。1つ目はAIによる配車計画だ。専門的なノウハウを持たない人でも、AIと位置情報からさまざまな条件を加味したコストパフォーマンスの高い効率的な配車計画を容易に実現できる。

2つ目はゼンリンの詳細な住宅地図データを活用したナビゲーションだ。ラストワンマイルでのドライバーの負担を軽減すべく、大型車両規制などを踏まえたルート検索が可能だ。

3つ目は業務進歩の管理と分析だ。リアルタイムの走行と配送状況を管理でき、走行実績から日報を自動で作成できるようになる。管理者とドライバー双方の業務改善につながる。

以上3つの機能を通じ、物流業界の課題である物流量の増加やドライバーの減少、業務の平準化などに対応していくという。

■ZERNIN Maps APIもリリース予定

2020年12月には新たなサービス基盤となる「ZERNIN Maps API」をリリース予定だ。ゼンリンが保有・継続更新する住所や建物属性などの情報を含む住宅地図、道路地図など豊富な位置情報コンテンツと企業のビッグデータを連携させ、業務改革と新たな価値の創造を実現していくという。

■国も物流MaaSの取り組みを加速

今後ますます労働力不足が見込まれる日本。そんな中、物流業界では効率化は不可避の課題だ。ゼンリンの今回の取り組みもこうした課題の解決に資するものだ。

国も物流MaaSへの取り組みを通じ、こうした課題に真っ向から取り組んでいる印象だ。経済産業省は7月、商用車業界としての取り組みとして「トラックデータ連携の仕組み確立」、「見える化・混載による輸配送効率化」、「電動商用車活用・エネルギーマネジメントに係る検証」の3つの方向性をまとめ、取り組む事業者を公募のうえ選定している。

ゼンリンやゼンリンデータコムの取り組み、そして国の事業が進むことで、今後、物流業界の課題が徐々に解消・緩和されていくことが期待できそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事