トヨタ子会社ウーブン、米CARMERAの買収完了 自動運転車のための道路情報解析を強化

優秀なエンジニア陣を多数獲得



トヨタ子会社のウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区/CEO:ジェームス・カフナー)は2021年8月23日までに、自動運転のための次世代道路情報解析に強みを持つ米CARMERA(カーメラ)の買収を完了させたことを発表した。







CARMERAは空間認識に優れたAI技術を有し、微細な変化も見逃さない高い精度の自動地図生成技術が強みだ。こうした技術は自動運転車の走行を下支えすることもあり、Google VenturesがCARMERAを支援するなど、業界で大きな注目を集めてきた。

ちなみにのウーブン・プラネットによるCARMERAの買収は、米Lyftの自動運転部門「Level 5」に続く2つ目の買収案件だ。

■CARMERAの優秀なエンジニア陣が合流

ウーブン・プラネットは前身のTRI-AD(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント)時代から、CARMERAとの共同で高精度地図の実証実験を行ってきた。

そして今回の買収によって、ウーブン・プラネットはCARMERAのオフィスと事業を引き継ぐことになるほか、CARMERAのエンジニア陣がウーブン・プラネットが開発する自動地図生成プラットフォーム「AMP」の開発チームに所属することになる。

報道発表によると、2021年7月に買収を完了させたLevel 5のエンジニアとも共同で事業を進めるとのことで、グローバル規模の高精度地図プラットフォームを展開することを目標と定めているようだ。

■年内にさらに数社の買収も!?

Lyftの自動運転部門、そしてCARMERA…。次なる買収企業も気になるところだ。自動運転業界の開発競争は激しさを増しており、検討にそう長い時間はかけられない。年内にさらに数社の買収が発表される可能性もありそうだ。

▼ウーブン・プラネット・ホールディングス公式サイト
https://www.woven-planet.global/jp
▼CARMERA公式サイト
https://www.carmera.com/

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事