トヨタMaaS「my route」全国へ…待ち受ける「Whim」との決戦

2020年春ごろに横浜や宮崎でも展開





my routeで連携拡大する企業・サービス群=出典:トヨタプレスリリース

トヨタは2020年1月19日までに、MaaSアプリとして福岡市と北九州市で展開するマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」について発表し、サービス提供エリアを2020年春頃には神奈川県横浜市と熊本県水俣市、宮崎県の宮崎市や日南市などに拡大し、全国展開を本格的に進めていくことを事実上宣言した。

同サービスの利便性向上や移動に関わる様々なサービサーとの連携拡大にも努め、my routeのユーザー拡大を目指す。既にKDDIが提供するauの会員サービス「auスマートパス」「auスマートパスプレミアム」の利用者を対象に、フリー乗車券を割引価格で利用可能な「my route for au」の提供を開始し、スマートフォンユーザーの取り込みに力を入れている。







トヨタグループ内のサービスとの連携や多言語対応も進められている。

既に2019年11月から「Toyota Wallet」との連携による電子決済の選択肢の増加や、「Toyota Share」との連携によってカーシェアが利用可能になっている。多言語対応では、2020年2月頃から日本語と英語に加え、中国語(繁体字・簡体字)と韓国語にも対応予定だとしている。

■移動関連サービサーとの連携拡大

ルート検索エンジンでは、日本最大のルート検索サービスを提供する「NAVITIME」との連携を強化する。タクシー配車アプリでは、全国展開する「JapanTaxi」や北九州エリアでも展開する第一交通産業の「モタク」、横浜エリアではDeNAの「MOV」との連携も検討中だという。

横浜エリアでは、サイクルシェアサービスを手掛けるドコモ・バイクシェアと連携し、サイクルシェアの予約・決済までmy routeでの完結を目指すなど、エリアごとの連携強化も進行中だ。

また、観光スポット情報の強化を目的に、JTBパブリッシングが提供する観光データベース「るるぶDATA」や日本最大級のレジャー総合サイト「アソビュー!」などと連携する。

■Whimとmy route、将来的にユーザーの支持を集めるのは?

MaaSの将来像は、移動手段や移動に関連するサービスを一つのプラットフォームで検索・予約・決済できるようにすることと言われている。今回のトヨタの動きはまさにこのMaaSの将来像を具現化するものであると言える。

日本では、世界で最も成功していると言われるフィンランド発のMaaSアプリ「Whim」が既に事業に取り組み始めており、トヨタのmy routeはこの外資系アプリと競合することとなる。Whimとmy route、どちらのサービスが将来的にユーザーの支持を集めていくのか、注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事