トヨタ紡織、「車室空間」で自動運転に積極的アプローチ

次世代車室空間の開発をフル加速



出典:トヨタ紡織プレスリリース

自動車部品メーカー大手のトヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:沼毅)は、次世代自動車の「車室空間」に着目した取り組みを強化している。

2021年5月19日には、自動運転車などの次世代車両の車室空間の開発を加速するため、ドライビングシミュレーターを新たに導入したことを発表した。







このドライビングシミュレーターでは、自動運転による車酔いなどドライバーの生体情報をリアルタイムに計測・解析することが可能だという。こうしたことを通じ、自動運転でも乗り物酔いがしにくい車室空間を追求していくようだ。

■自動運転コンセプト空間「MOOX」で実証実験も

トヨタ紡織の自動運転へのアプローチは今回は初めてではない。2021年2月には愛知県で自動運転コンセプト空間「MOOX」を使った展示を行い、自動運転中に車内向けにさまざまなコンテンツを提供してみせたようだ。

トヨタ紡織は報道発表で提供コンテンツについて「車窓のAR(拡張現実)映像に合わせ音響、振動、香りをもたらす装置や、試乗者のジェスチャー(動作)による操作に対応した映像」としている。

ちなみにMOOXには自動運転OS「Autoware」が搭載され、センサーとしてLiDARやカメラも設置されている。試乗車定員は2人で、ハンドルやペダルなどがないことも特徴だ。

「MOOX」の外装(左)、車室内(右)=出典:トヨタ紡織プレスリリース
■トヨタ紡織の次世代車室空間へのアプローチに注目

1918年設立のトヨタ紡織は、自動車内装品に主軸を置いて事業展開しており、車室空間の開発に特化した「車室空間開発部」も設置している。

自動運転車では、人が運転から解放されて自由に過ごせるようになることで、車室空間に求められるニーズが変わってくる。こうした中でトヨタ紡織が次世代の車室空間にどうアプローチしていくのか、引き続き注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事