本日13:15にトヨタ決算発表、適時開示はその5分前!新型コロナの影響、自動運転への投資…現状は?

YouTube Liveなどでライブ配信





トヨタ自動車の2020年3月期の決算説明会が、本日5月12日13:15から開催される。「適時開示」は決算説明会が始まる5分前の13時10分で、決算情報をより早く知りたい人は身構えておこう。







決算説明会はトヨタの公式サイトとYouTube Liveのどちらでも視聴できる。

公式サイトでのURL:https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/32486196.html
YouTube LiveのURL:https://www.youtube.com/watch?v=OFN5ASSZn4w

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が拡大する中、自動車業界の巨人・トヨタの決算発表はトヨタの株価だけではなく、株式マーケット全体に大きな影響を与える可能性もある。そのため本日の決算説明会は、ぜひライブ中継で観ておきたいところだ。

ちなみに今年に入ってトヨタの株価が最も高かったのは2月6日で、7,914円だった。3月16日に底となる5,941円をつけており、その後は6,500円前後で推移している。

■豊田社長は何を語る?オリンピックと自動運転についても?

自動運転ラボでは今回のトヨタ決算絡みの記事を既に2本発信している。

トヨタ決算発表、章男社長「意味深」発言も?来年の五輪に向け、自動運転への投資は?|自動運転ラボ」では、決算説明会で豊田章男社長が何を語るか、「トヨタ決算発表は5/12!私が章男社長に質問したい7つのこと|自動運転ラボ」では決算説明会で豊田社長に質問したいことをまとめた。決算説明会の前の予習にぜひ読んでおいてほしい。

決算発表会では2019年4月から2020年3月にかけての業績が発表されるほか、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって4月以降に車両製造や新車需要にどのような変化が起きているのかも語られるはずだ。

自動運転ラボとしては、東京オリンピックで披露する予定だった自動運転技術についても何が語られるか注目している。2021年初頭に着工予定としているコネクティッドシティ「Woven City」のロードマップについても、具体的な内容が語られるかもしれない。

ライブ中継を観ることで、その後のニュース記事では伝わりきらない豊田社長の温度感も直に伝わってくるはずだ。本日の13:15からはトヨタ決算説明会のライブ中継に釘付けとなろう。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事