スタートアップ資金調達、自動運転OS開発のティアフォーが3位 2020年1〜8月ランキング

空飛ぶクルマ開発のSkyDriveは14位に



成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:志水雄一郎)が、2020年1〜8月を対象とした「国内スタートアップ資金調達金額ランキング」を発表した。

今回のランキングで、総額98億円の資金調達を新たに実施した名古屋大学発スタートアップのティアフォーが、3位にランクインした。ちなみに累計の資金調達額は175億円に達している。







出典:フォースタートアップス社プレスリリース

ティアフォーは自動運転OS「Autoware(オートウェア)」の開発に取り組み、すでに国内外で導入実績が多い。エンジニアの数を増やしてAutowareの開発を一層加速させ、Autoware採用の車両を2025年までに1万台にまで増やすことを目指している。

■SkyDriveが14位ランクイン

空飛ぶクルマを開発する株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区/代表取締役:福澤知浩)も14位にランクインしている。

同社は日本政策投資銀行など10社を引受先とする第三者割当増資により、シリーズBラウンドで39億円の資金調達を実施した。

空飛ぶクルマの2023年度に実用化と、すでに販売している「カーゴドローン」の山間部での運用と2022年以降の都市部での活用を目指していく。

■世界で戦うための地盤固め

自動運転業界や空飛ぶクルマ業界のスタートアップ企業が続々と資金調達を実施し、技術力をさらに高め、世界で戦うための地盤固めを進めている印象だ。両社の今後の技術力のさらなるアップに注目したい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事