位置情報で自動運転下支え!PNTサービス提供で、MetComとNextNavがタッグ

インフラ面から社会実装をサポート



出典:NextNav・TerraPoiNT紹介ページ

位置情報サービスのMetCom株式会社(本社:東京都港区/代表:平澤弘樹)は2021年1⽉12日までに、米NextNavの地上ビーコンシステム「TerraPoiNT」を活⽤した⾼精度でセキュリティ性の⾼いPNTサービスを⽇本国内で提供するという、ライセンスパートナーシップを発表した。

PNTは「ポジショニング・ナビゲーション・タイミング」の頭文字をつなげた略語で、⾃動運転⾞の社会実装を実現するためにも重要なインフラ面でのサービスとして知られ、電⼒網や⾦融サービス、保安システムなど、幅広い領域で必要とされている。







■ポジショニングに強い米NextNav

2007年に設立されたNextNavは、2020年1月にはデバイスの位置をGPS(全地球測位システム)なしで特定できる屋内ポジショニングシステムを開発し、商用展開するために1億2,000万ドル(約132億円)を調達したことで知られる。

このポジショニングシステムは、GPSのような衛星からの直接到達信号ではなく、携帯電話の信号を利用しているもので、現在、ワシントンなどで展開されているという。

そんなNextNavが展開する地上ビーコンシステム「TerraPoiNT」は、米航空宇宙局(NASA)による街中でのドローン運用で利⽤されていることでも知られ、なりすましや妨害に対して⾮常に⾼い耐性を持つという。

MetComは報道発表でTerraPoiNTについて「ポジショニング、ナビゲーション、タイミングについて、現状では最⾼レベルのソリューション」と強調している。

■自動運転社会の実現をインフラ面から支える

今回パートナーシップを発表したMetComは「NextNavの革新的な地上ビーコンシステムであるTerraPoiNTを展開し、国内の主要インフラやテクノロジー分野の新たなPNTニーズに対応していきます」としている。

自動運転社会の実現には、車両そのもののほか、インフラのアップデートも欠かせない。自動運転を下支えする新たなソリューションが日本国内で展開されることで、また一歩、自動運転社会に向けたインフラ整備が整っていくことになりそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事