位置特定の新技術「VPS」、自動運転向けに検証中!PLATEAUプロジェクト

3D都市モデルを活用して実証実験



出典:Project PLATEAU公式サイト

国土交通省はまちづくりのDX化を進めるため、3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化を「Project PLATEAU」において進めている。そして現在は「自動運転」などをテーマとした実証実験に取り組んでおり、その内容を2021年9月1日までに発表した。

■「Project PLATEAU」とはどんなプロジェクト?

Project PLATEAUとは2020年4月にスタートした国交省主導のプロジェクトだ。







プロジェクト名は、フランス人哲学者ジル・ドゥルーズと精神分析家フェリックス・ガタリの著書『千のプラトー|Mille Plateaux』において、はじめでも終わりでもない精神の結節点として「プラトー」という言葉が使われていることに由来している。

Project PLATEAUでは、2020年度に東京23区をはじめとする全国50都市で3D都市モデルを整備し、さまざまなテーマで3D都市モデルを活用するユースケースの開発を進めつつ、技術コンテスト「ハッカソン」なども実施してきた。

▼Project PLATEAU公式サイト
https://www.mlit.go.jp/plateau/

■3D都市モデルを活用した「VPS」の活用可能性を検証

今回紹介された自動運転がテーマの実証実験は、静岡県沼津市で実施されている取り組みで、車両の自己位置を推定する「VPS」(Visual Positioning System)を自動運転システムで活用できるかを検証する実証実験だという。

VPSは、スマートフォンのカメラから取得した3次元情報と、建物の詳細な形状や道路などを含む3D都市モデルの特徴点を照らし合わせ、車両の自己位置を推定する新技術だ。

従来の自己位置推定にはGNSS(全球測位衛星システム)やLiDARが使用されてきたが、システム整備に費用がかかり過ぎたり、走行環境によって精度が低くなったりするといった課題がある。VPSはこの課題を解決する技術として期待されている。

実証実験の実施場所は沼津駅から沼津港までの約2キロ間で、静岡県と東急、名古屋大学が協力している。

対象エリアの3D地図=出典:Project PLATEAU公式サイト
■【まとめ】より安価に、より高い安全度で

VPSの導入可能性がひろがれば、自動運転はより安価に、そしてより高い安全度で実現できるようになるとみられている。沼津市で実施されている実証実験の成果に注目したい。

▼Project PLATEAU スマートシティの社会実装に向け、新たなユースケース開発の実証実験を開始|国土交通省
https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi03_hh_000079.html

【参考】関連記事としては「自動運転車の位置特定技術、3つの手法とそれぞれの弱点」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事