Teslaの株価8倍を上回る「13倍」のNIO、新EV発表!自動運転センサー搭載

1,000キロ走行可能、2022年初旬に販売開始



出典:NIO

中国の電気自動車(EV)メーカーであるNIO(ニーオ)は2021年1月11日までに、新たにラグジュアリーセダン「ET7」を発表した。販売開始時期は2022年初旬となる見込みだ。ET7には自動運転向けのセンサーなどが搭載されるという。

NIOは「中国版テスラ」とも呼ばれる新興EV企業で、上海を拠点に事業活動を行っている。中国の大手IT企業テンセントから出資を受けていることでも知られる。







ET7には最新のバッテリーパックが搭載される見込みで、報道発表によると、最大で621マイル(約1,000キロ)走行可能な性能を有するという。テスラのモデルSは最大402マイル(約650キロ)で、それの上をいく格好となる。

■販売台数はまだまだテスラに及ばないものの

NIOは事業規模はまだまだテスラには及ばない。2020年10月の新車販売台数は5,000台程度である一方、テスラは2020年に月平均で4万台を販売している。ただ、販売台数は2020年10月時点で8カ月連続で増加するなど、勢いはテスラに負けていないものがある。

こうした成長を受け、株価の伸びはどうか。NIOはニューヨーク証券取引所に上場しており、2020年の年初(1月2日)の株価は3.72ドルだったが、2020年の取引最終日(12月31日)には48.74ドルまで伸びている。つまり実に13倍に株価が上がったことになる。

テスラもこの期間に株価を8倍に伸ばしたが、株価の伸び率ではNIOに軍配が上がる。

■自動運転技術での両社の開発競争に注目

EVの販売台数の伸びや株価の伸びだけではなく、自動運転技術の競争でも今後両社に注目が集まっていきそうだ。現在のところ、NIOもTeslaも自動運転レベル3(条件付自動運転車)では車両を発売していないが、両社ともに研究開発に注力している。

ちなみにNIOは、インテル傘下のMobileyeが開発する自動運転向け画像処理チップを研究開発で使っていることが知られているが、同社のCEO(最高経営責任者)は将来的にチップも自社開発する可能性を過去に示唆している。

NIO vs Teslaの行方がどうなっていくのか、今後に注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事