観光情報も充実!MONETマーケットプレイスで「るるぶDATA API」の販売開始

MaaSにおける「移動+観光」という視点



出典:JTBパブリッシング・プレスリリース

株式会社JTBパブリッシング(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:今井敏行)は2020年10月2日までに、同社が提供している観光コンテンツ「るるぶDATA API」を、MaaSの実現を支援するためのシステム開発用APIを提供する「MONETマーケットプレイス」で販売開始した。

「るるぶDATA」はJTBパブリッシングが提供している観光情報コンテンツのデジタルデータベースであり、ガイドブック「るるぶ」に掲載している観光施設や店舗の情報をデジタルデータとして提供している。通常の観光地の情報だけでなく、イベントや花見・花火などの季節ごとの観光情報などを提供しているのが特徴だ。







ナビアプリの「NAVITIME」やNTTドコモの「ドコモ地図ナビ」などの観光情報データとしても用いられている実績があるほか、2020年3月にはトヨタ自動車などが主導するMaaSサービス「my route」とも情報連携を開始したことを発表している。

現在提供可能な国内観光スポット情報は約4万5,000件、イベントや宿泊情報も合わせた全体では約6万件にのぼり、国内観光情報はもちろん180以上の国・地域にわたる海外観光情報やインバウンド向けのニーズに合わせた日本の観光コンテンツも3言語(英語・繁体字・簡体字)で提供するなど多言語にも対応している。

このるるぶDATAを、API形式でMONETマーケットプレイスを通じて購入できるようになったわけだ。

【参考】関連記事としては「トヨタ系MaaS「my route」、るるぶDATAとの情報連携で進化!」も参照。

■MONETマーケットプレイスが正式オープン、仲間も増加中

「MONETマーケットプレイス」は、ソフトバンクとトヨタ自動車が共同出資して設立したMONET Technologies社が提供しているMaaSのシステム連携基盤「MONETプラットフォーム」において、必要なAPIを購入できるプラットフォームだ。

2020年4月にプレオープンし、MONETコンソーシアムに加盟している企業・団体向けの提供がされていたが、2020年9月28日に正式した。一般企業も利用可能となったほか、MONETマーケットプレイスに対してAPIを提供する企業も募集している。

今回の正式オープンにあたっては、るるぶDATAのほかにも、ゼンリンデータコムの地図情報API「いつもNAVI API」やウェザーニューズの「天気予報 API」などのAPIの提供が開始されている。

今後はオンデマンドバスのAPIや本人確認サービスのAPIなども提供される予定で、MONETマーケットプレイスが充実することで、MONETプラットフォームの重要性が増してきそうだ。

■MaaSプラットフォームの代表格に!?

MaaSは人やモノの移動をより便利にするが、影響を与える要因は幅広い。MONETマーケットプレイスにも認証や決済、観光や天候など交通事業者以外にも、移動を便利にする機能や、移動に影響を与える情報が集まりつつある。

MONETプラットフォームに様々な業界・業種からの知見が集められることにより、日本のMaaSプラットフォームとして代表的な位置付けを確立していくのか、今後に期待したい。

【参考】関連記事としては「MaaSとは?2020年代に実用化!意味や仕組みまとめ」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事