MaaSでのデータ連携促進へ、静的バス情報フォーマットを改訂

バス停の標柱の位置データ「原則として必要」に



MaaSにおけるデータ連携を促進させることを念頭に、国土交通省は2021年8月10日までに、「静的バス情報フォーマット」(GTFS-JP)を改訂した。







国土交通省はバスに関する情報を、経路検索に必要な時刻表や運行経路などの「静的情報」と、遅延情報や位置情報などリアルタイムで変動する「動的情報」に分けている。

今回改訂されたのはこのうち「静的情報」に関するもので、「停留所と標柱(※バス停のポール)」や「経路などの設定方法」、「多言語・ふりがなの設定方法」などについて改訂を行った。

■標柱の位置データ、「原則として必要」へと変更

例えば「停留所と標柱」に関しては、標柱の位置データの作成をこれまでは「任意」としていたが、「原則として必要」と変更した。また「多言語・ふりがなの設定方法」については、バス停や経路などのIDを国際仕様に合わせた。

出典:国土交通省

やや内容が専門的なため、詳しくは以下のページを参照頂きたいが、MaaSによってさまざまな交通機関の情報を一元化する際、より細かな情報がデータ化されていることや、データ形式が国際標準に準拠していることは、非常に重要となるのは言うまでもない。

▼「標準的なバス情報フォーマット」仕様書[第3版]改訂のポイント
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001415652.pdf

ちなみに上記ページでは「標準的なバス情報フォーマット」の第3版となっているが、国土交通省は「動的バス情報フォーマット」(GTFSリアルタイム)と静的バス情報フォーマット(GTFS-JP)を合わせて、「標準的なバス情報フォーマット」と呼んでいる。

■MaaSの促進に向け、ルール整備が着々と

MaaS×データに関しては、「MaaS関連データの連携に関するガイドラインVer.2.0」についても知っておきたい。

このガイドラインは、MaaS関連の事業者がデータ連携を円滑に行えることなどを目的としたもので、データ連携のルールやデータの取扱い方などが明記されている。

▼MaaS関連データの連携に関するガイドライン Ver.2.0
https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/content/001399363.pdf

MaaSの促進に向け、国によるルール整備が着々と進められている。MaaSでビジネスを展開しようという事業者は、今回の「静的バス情報フォーマット」の改訂箇所とともに、「MaaS関連データの連携に関するガイドラインVer.2.0」の内容もよく理解しておきたいところだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事