JR西日本、MaaSアプリ「WESTER」をリリース!経路検索機能やネット予約機能

スマホ1つで様々なサービスを利用可能に



出典:App Store「WESTER」プレビュー

西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:長谷川一明)=JR西日本=は2020年9月29日までに、MaaSアプリ「WESTER(ウェスター)」をリリースしたことを発表した。アプリ開発などを手掛けるアイリッジ社の支援を受けて誕生したアプリだ。

ウェスターは、スマートフォン1つでJR西日本グループのさまざまなサービスをシームレスに利用できるMaaSアプリだ。経路検索機能や駅の混雑情報の提供をはじめ、非対面で切符の購入が可能なネット予約機能などを備えているという。







すでにiOS版(https://apps.apple.com/jp/app/wester/id1528917792)とAndroid版(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.westjr.wester&hl=ja)が公開されている。

iOS版では9月29日時点で33件の評価がついており、平均評価は4.3点(5点満点中)となっている。レビューとしては「普通に使いやすいです」「観光地やイベントなどが調べれるのが良い。お出かけしたくなる」といった声が寄せられている。

■MaaSにおける有力企業!JR各社の取り組みに注目

JR西日本は、せとうちエリアの観光型MaaS事業として「setowa」アプリも展開するなど、多角的にMaaSに取り組んでいる、またJR西日本だけではなく、JR各社も積極的にMaaSに取り組んでいる。

JR東日本は最近では2020年5月に「MaaS・Suica推進本部」の設置を発表しているほか、7月にはMaaSに対応した新たな保険サービスの共同開発に向け、東京海上日動火災保険と業務提携契約を締結したと発表した。JR九州はトヨタのMaaSサービス「my route」に参画している。

すでに広域的に交通サービスや生活関連サービスを提供しているJR各社は、MaaSにおける有力企業だ。JR各社の取り組みに今後も注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事