JR西日本とソフトバンク、自動運転と隊列走行によるBRT開発プロジェクト!

2020年度内に滋賀県野洲市でテストコース着工





出典:JR西日本プレスリリース

西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:長谷川一明)=JR西日本=とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:宮内兼)が、自動運転と隊列走行技術を用いたBRT(バス高速輸送システム)の開発プロジェクトを開始することが、2020年3月25日までに分かった。

この開発プロジェクトは「みんな(MI-NNA)の自動運転BRTプロジェクト」と名付けられ、異なる自動運転車両がBRT専用道内で合流して隊列走行を行う「自動運転・隊列走行BRT」の実現に取り組むものだという。







2020年4月末には「自動運転・隊列走行BRT」の基本仕様を決定し、2020年度内に車両の発注・改造とテストコースの建設をスタートさせる。テストコースはJR西日本が滋賀県野洲市に保有する土地で建設するようだ。

テストコースでの実証実験は2021年度以降の開始となる見込みで、2020年代半ばの技術確立を目標としているという。

■JR東日本も「BRT×自動運転」に取り組む

「BRT×自動運転」ではJR東日本の取り組みにも注目だ。JR東日本が主催する「モビリティ変革コンソーシアム」は最近では2019年11月から2020年2月にかけ、気仙沼線BRTで自動運転バスの技術実証を実施するなどしている。

「BRT×自動運転」の取り組みに力を入れるJR東日本とJR西日本。両社の動向に引き続き注目していきたい。

【参考】関連記事としては「2020年度の中型自動運転バス実証、事業者5者と各テーマは?」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事