中国Human Horizons、HiPhi Xにレベル4自動駐車システム搭載へ

駐車場側のインフラとともに作動する方式?



出典:Human Horizonsプレスリリース

中国発のEV(電気自動車)スタートアップであるHuman Horizonsは2020年9月25日までに、完全電動車両「HiPhi X」に世界初のレベル4自動バレーパーキング(AVP)システムを搭載すると発表した。

■レベル4完全自動車両パーキングシステムとは

新たに開発されたAVPは、駐車場側のインフラとともに作動する仕組みのようだ。駐車場の固定センサーで車両や障害物の位置が把握され、その情報を5G通信で車両側が受け取ることで、駐車スペースまで安全に移動できるようになるようだ。







GPS信号が届かないエリアでもセンサーを使ったこの仕組みは導入できるため、GPSを利用する自動運転にとっては困難な環境と言える「地下駐車場」などでも動作が可能だ。

ちなみにこのAVPが実装された駐車場においては、運転手が駐車場内のどこで降車しても、その後の自動駐車が可能になるという。

■駐車場での技術の進化にも注目

自動バレーパーキングの領域においては、独ボッシュがリードしている。2020年9月には、フォードのSUV「エスケープ」の研究車両を活用し、米国初となるインフラ協調型の高度自動バレーパーキングソリューションのデモンストレーションを開始したと発表している。

米テスラが開発した「Smart Summon」にも注目が集まる。2019年9月のアップデートで追加された機能で、駐車場内や私道などにおいて、目視可能な200フィート(約61メートル)以内に停車しているマイカーを自分のもとまで呼び寄せる遠隔操作システムだ。

公道での走行だけではなく、駐車場での技術の進化にも注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事