日立Astemoの2021年3月期決算、売上4,400億円計上!自動運転やADASなどに注力

第13期、62億円の営業損失を計上



出典:官報

日立Astemo株式会社(本店:茨城県ひたちなか市/プレジデント&CEO:ブリス・コッホ)の第13期決算公告が、2021年7月9日までに官報に掲載された。

売上高は4,489億円を計上しており、事業の収益力を表す営業利益はマイナス62億円となっている。当期純損失は603億円、利益剰余金は653億円となっている。







■決算概要

賃借対照表の要旨(2021年3月31日現在)
資産の部
流動資産 247,924
固定資産 800,938
資産合計 1,048,862
======
負債及び純資産の部
流動負債 258,395
固定負債 344,533
負債合計 602,928
株主資本 441,464
資本金 51,500
資本剰余金 324,643
資本準備金 40,250
その他資本剰余金 284,393
利益剰余金 65,321
その他利益剰余金 65,321
評価・換算差額等 4,469
その他有価証券評価差額金 4,482
繰延ヘッジ損益 -13
純資産合計 445,933
負債・純資産合計 1,048,862
(単位:百万円)

損益計算書の要旨(2020年4月1日~2021年3月31日)
売上高 448,916
売上原価 384,542
売上総利益 64,374
販売費及び一般管理費 70,617
営業損失 6,243
営業外収益 15,504
営業外費用 7,046
経常利益 2,215
特別利益 13,502
特別損失 62,481
税引前当期純損失 46,763
法人税等 16,053
法人税等調整額 △2,444
当期純損失 60,372
(単位:百万円)

■ホンダのレベル3車両に自動運転用ECUを提供

日立Astemoは2021年1月、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社が経営統合して設立された。

自動運転やADAS(先進運転システム)分野においては、ソフトウェアの書き込み・更新時間を短縮する「差分更新技術」や、多様な車種・ECUに対応可能な「更新制御技術」、OTAセンターから車までのセキュリティを確保する「セキュア配信技術」などを開発している。

また、システムインテグレーターとして自動運転技術やADASを提供したり、コネクテッド分野においても快適な自動運転を実現するソリューションを提供したりしている。

自動運転用ECUやOTAユニットなどの開発製品は、自動運転レベル3車両として知られるホンダの新型レジェンドに採用されている。

4社の強みをいかしつつエンジニアの力を最適化し、グローバルリーダーを目指して要素技術や先進技術の開発に注力する日立Astemoに、引き続き注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事