米FedExの自動運転配送ロボット「Roxo(ロキソ)」、日本で初お披露目!

セグウェイの「兄弟」機、米DEKAと開発



出典:FedEx

米宅配大手FedEx(フェデックス)の子会社であるフェデックス・エクスプレスは2021年7月11日までに、自動運転配送ロボット「Roxo(ロキソ)」を日本でお披露目した。Roxoは電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」を開発した米DEKAと共同開発されたロボットだ。

■6輪ロボット、個人宅やオフィスへ荷物をお届け

Roxoは個人宅やオフィスへ荷物を届けるために設計されており、自立型の6輪配達ロボットとなっている。ちなみにベースとなっているのがDEKAの「iBOT」で、4輪に2つの補助輪をつける形で6輪となっている。道路も歩道も走行でき、最高で時速20キロ程度で走行することも可能なようだ。







レーダーやカメラ、LiDARを搭載し、機械学習のアルゴリズムと組み合わせることで、障害物の検知と回避を行いつつ、安全に歩道や路肩を走行できるという。ちなみに、舗装されていない道でも、段差があっても、信号があっても、走行に問題はないという。

ロボットのサイズは、高さ約157センチ、奥行き約99センチ、幅73センチで、本体重量は約200キロだ。荷物は45キロまで積める。センシング視野は360度で、文字やライトなどで周囲の人と「コミュニケーション」する能力もあるようだ。

ちなみにこのRoxoはFedExのラストワンマイル配送に活用されるとみられるが、公式サイトによれば、約5〜8キロのやや長めの走行も可能なように設計されているという。

■Nuroとも提携、無人配達で世界をリードできるか

FedExは2021年6月に、無人配送車の開発を手掛ける米Nuroと長期的パートナーシップを結んだことでも知られる。Nuroの次世代自動配送車をFedExの輸送業務でテストすることを目的としたもので、さまざまな企業と無人配送に取り組んでいることが分かる。

eコマースの浸透、コロナ禍による非接触需要の高まり、深刻なドライバー不足・・・。こういった複数の要因によって、無人配達に対する期待感は高まりつつある。そんな中、物流の世界大手であるFedExが無人配達で世界をリードする存在になれるのか、注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事