トヨタ系KINTO、2021年3月期は売上高が約10倍!サブスクサービスを本格化

第3期の売上高は32億9,600万円



出典:官報

トヨタ子会社としてクルマのサブスクサービスを担う株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:小寺信也)の2021年3月期決算(2020年4月〜2021年3月)=第3期決算=が、2021年7月11日までに官報に掲載された。







売上高はKINTOのサービスが本格的に始まったことで、前期の3億3,900万円と比べて10倍近い約32億9,600万円まで膨らんだ。営業収益は66億円6,600万円の赤字、当期純利益は57億2,600万円の赤字となっている。

■決算概要

貸借対照表の要旨(2021年3月31日現在)
▼資産の部
流動資産 6,011
固定資産 21,753
資産合計 27,765
▼負債及び純資産の部
流動負債 4,850
(賞与引当金 144)
(ポイント引当金 15)
固定負債 19,881
(退職給付引当金 22)
(役員退職慰労引当金 6)
株主資本 3,033
資本金 7,500
資本剰余金 7,500
資本準備金 7,500
利益剰余金 △11,966
その他利益剰余金 △11,966
負債・純資産合計 27,765
(単位:百万円)

損益計算書の要旨(2020年4月1日〜2021年3月31日)
売上高 3,296
売上原価 2,905
売上総利益 390
販売費及び一般管理費 7,057
営業損失 6,666
営業外収益 996
営業外費用 52
経常損失 5,722
税引前当期純損失 5,722
法人税、住民税及び事業税 3
当期純損失 5,726
(単位:百万円)

■KINTOが展開しているサービスの内容は?

KINTOは、トヨタの新車を月額定額で利用できるサブスクリプションサービスを提供している。定額料金には「保険料」「メンテナンス代」「自動車税」「車検代」なども含まれている。頭金は必要ない。

契約期間は「3年」「5年」「7年」から選べ、ライフスタイルの変化に合わせて車種を変更しやすいサービス設計にもなっている。価格設定だが、例えば約200万円する「ルーミー」は3年プランの場合、月額37,180円(税込)から利用できる。

最近はレーシングドライバーとのスポンサー契約やテレビCMなど、ユーザーを増やすための広告・広報にも力を入れている印象だ。

■「サブスクvsカーシェア」の勝負の行方にも注目

前期の決算から売上高が約10倍に伸びているKINTO。さらなる売上の拡大には、競合サービスと言えなくもないカーシェアサービスを展開する企業に競り勝っていく必要があり、自動車業界の「サブスクvsカーシェア」の勝負の行方にも注目していきたいところだ。

※官報に掲載された決算公告に関する記事は「自動運転・MaaS企業 決算まとめ」から閲覧頂くことが可能です。

【参考】関連記事としては「KINTOが各社のモビリティサービスを集約!MaaSとの連携容易に」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事