KINTOが各社のモビリティサービスを集約!MaaSとの連携容易に

オンラインプラットフォーム「モビマ」を開設へ



出典:KINTOプレスリリース

トヨタグループの株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:小寺信也)は、現在展開中の愛車サブスクリプションサービスに加え、多様なモビリティサービスを提供するオンラインプラットフォーム「モビリティマーケット(モビマ)」を2021年4月に立ち上げる。

移動に関する事業を展開するさまざまな企業のサービスを集約し、同社がこの分野におけるポータル的な存在になろうとしているようだ。報道発表ではモビマについて、「移動の楽しさ・安心・快適につながるサービスを揃えたオンラインプラットフォーム」と説明されている。







■モビマの提携予定企業とサービスは?

モビマの提携予定企業とサービス名は以下の通りとなっている。※()内はサービス名

  • 株式会社NTTドコモ(kikito)
  • 株式会社SPDホールディングス(SPDスクール)
  • 株式会社オーシャンブルースマート(PiPPA)
  • Carstay株式会社(Carstay)
  • キャンピングカー株式会社(ジャパンキャンピングカーレンタルセンター)
  • KeePer技研株式会社(EX KeePer / W DIA KeePer / DIAMOND KeePer / CRYSTAL KeePer)
  • 株式会社JTB
  • scheme verge株式会社(Horai)
  • 株式会社SmartRyde(SmartRyde)
  • 株式会社テーブルクロス(byFood.com)
  • 株式会社近畿日本ツーリスト中部(近畿日本ツーリスト)
  • 株式会社ハッチ(Do it Theater)
  • 富士スピードウェイ株式会社(富士スピードウェイ)
  • ペーパードライバーサポート愛知(ペーパードライバーサポート愛知)
  • トヨタファイナンシャルサービス株式会社(my route)
  • 株式会社Mellow(Mellow)
  • ライフクリエイション株式会社(さなげアドベンチャーフィールド)
  • 株式会社R-ISE(ライズペーパードライバーズクラブ)
  • リンベル株式会社(RINGBELL)
  • 海外KINTO SHARE運営会社(KINTO SHARE)

こうした企業が展開するサービスを5つのサービスカテゴリに分けて展開する。具体的には「新しい生活の扉を開こう」「心踊るスペシャルな体験を」「クルマ時間をとことん楽しもう」「もっと気持ちよく、軽やかに」「やさしく移動を応援」の5つのカテゴリだ。

例えば「新しい生活の扉を開こう」カテゴリでは、キャンピングカーを利用したワーケーションやシェアサイクルを使った旅、ドライブインシアターなどのサービスが利用できるといった具合だ。

■移動手段とサービスの連携を簡単に

現在、さまざまな移動手段を集約するMaaSの取り組みが日本国内で活発になりつつあるが、将来的にこうしたMaaSとセットで展開されるとみられているのが、今回モビマに集約されるようなさまざまなモビリティ系サービスだ。

KINTOはこうした将来を見据え、各企業が独自に展開しているサービスを集約するポータルサイトを開設するとみられる。MaaSのサービス事業者が1社1社に連携を持ちかけるのは手間がかかるが、モビマがあれば簡単にさまざまなモビリティ系サービスとMaaSサービスを結びつけることができる。

2021年4月に立ち上げ後は、さらに連携する企業・サービスが増えるとみられる。今後に注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事