まるで現代のライト兄弟!「クルマっぽい」空飛ぶクルマ、飛行成功

中欧スロバキアのKlein Visionが開発



まずは何も考えずに以下の動画を観てほしい。空飛ぶクルマなのだが、「ドローンっぽい」空飛ぶクルマとは全く違う、「クルマっぽい」空飛ぶクルマだ。







このYouTube動画が2021年6月29日に公開され、公開から2週間程度で再生回数は420万回にも上っている。民間企業が開発する自社製品の紹介動画としては、かなりバズっている方だと言えるだろう。

■中欧スロバキアのKlein Visionが開発

この空飛ぶクルマを開発したのは、中欧スロバキアのKlein Vision(クレイン・ビジョン)という2017年設立のスタートアップだ。

約3分間のYouTube動画では、芝生が広がる地面から機体が空に飛び立つ様子が紹介されている。大きく揺れることなく安定した飛行を続け、その後、着陸態勢に。着陸後は、レーシングカーのようなデザインの車に変形し、街中に走り出していく。

映像で登場する空飛ぶクルマは、同社が開発中の空陸両用車「エアカー」試作機で、2021年6月28日、スロバキアの2つの空港間の約70キロをおよそ35分で飛行し、初の都市間有人飛行を成功させたという。

運転は同社のステファン・クレインCEO(最高経営責任者)が自らが行った。飛行高度は最大で約2,500メートルに到達し、最高時速は約190キロに及んだようだ。

■クレインCEO、まるで現代のライト兄弟

クレインCEOは長年、空陸両用車の開発に取り組んできた人物だ。過去には別なスタートアップに在籍中、テスト飛行に失敗し、パラシュートで危機一髪生還した経験がある。その後、クレインビジョンを創業したという。

失敗を恐れずに立ち向かう・・・。その姿はまるで、現代のライト兄弟のようだ。今後クレインCEOは、飛行速度時速300キロの試作2号機の開発に乗り出すという。中央ヨーロッパのスロバキアで開発を没頭するクレインCEOに、今後も注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事