LiDAR開発企業の米AEyeがSPAC上場へ 「自動運転の目」を開発

2021年第2四半期中にナスダックで



LiDAR開発のスタートアップ企業である米AEye(エーアイ)は2021年2月23日までに、SPAC(特別買収目的会社)上場について発表した。2021年第2四半期中にSPACのCF Finance Acquisition Corp. IIIと合併し、ナスダック市場に上場する見込み。







■戦闘機のシステムを自動運転向けに応用

AEye社は2013年に創業し、カリフォルニア州ダブリンを拠点としている。創業者は、戦闘機のシステム設計で経験があるLuis Dussan(ルイス・デュッサン)氏だ。

自動運転車では周囲の車や歩行者などをリアルタイムに検知・分類する必要があることから、Dussan氏はこうした点で戦闘機のシステムが応用できないかと考え、自動運転車向けのセンシングシステムの開発に乗り出したという。

AEyeは2020年11月、ドイツの自動車部品メーカー大手のコンチネンタルから出資を受けることを発表している。コンチネンタルは有力LiDARスタートアップとの協業で、自動運転レベル3以上向けのLiDAR技術を早期に確立したい考えのようだ。

■LiDAR業界で始まった株式上場ラッシュ

LiDARを開発するスタートアップ各社は、ここ1年ほどで急激に株式上場に向かっている。Velodyneは2020年7月にナスダック市場に上場した。トヨタなども注目しているLuminarは同年12月に同じくSPAC上場を果たしている。InnovizなどもSPAC上場を控えている。

今年また新たにLiDAR企業としてAEyeが上場することで、LiDAR業界の勢力図にどう影響するのか、注目したい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事