DiDi日本のタクシー配車事業、売上高82%増の9.8億円

第5期決算、赤字額が第3期から連続して縮小



出典:官報(※クリックorタップすると拡大できます)

タクシー配車アプリ事業を手掛けるDiDiモビリティジャパン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:シュ・ケイシ)の第5期決算(2021年4月〜2022年3月)が、このほど官報に掲載された。

売上高は9億8,900万円で前期比82%増となり、2期連続で増収となった。赤字額は前期21億9,700万円だったが、今期は19億8,000万円に圧縮され、第3〜5期にかけて赤字が連続して縮小している。







■第5期決算概要
賃借対照表の要旨(単位:百万円)

資産の部
流動資産 3,596
固定資産 42
資産合計 3,638
======
負債の部
流動負債 1,894
(うち賞与引当金)(41)
(うち契約負債) (132)
純資産の部
株主資本 1,743
資本金 6,950
資本剰余金 6,950
資本準備金 6,950
利益剰余金 △12,156
その他利益剰余金 △12,156
負債・純資産合計 3,638

損益計算書の要旨(単位:百万円)

売上高 989
売上原価 1,186
売上総損失197
販売費及び一般管理費1,862
営業損失 2,059
営業外収益 7
営業外費用 23
経常損失 2,076
特別利益 98
税引前当期純損失 1,977
法人税、住民税及び事業税 3
当期純損失 1,980

■注文回数は前年比で2倍に
出典:DiDiモビリティジャパンプレスリリース

ソフトバンクと中国のライドシェア大手DiDi Chuxing(滴滴出行)の共同出資で、2018年6月に設立されたDiDiモビリティジャパン。日本では法規制によりライドシェアの展開ができないが、ライドシェア事業で培ったAI需要予測や配車システム技術を生かし、タクシー配車事業を展開している。

2018年9月に大阪からサービス展開を始め、「金土初乗り無料キャンペーン」「友達紹介キャンペーン」などのプロモーションで、タクシー業界のPR合戦を加速させた。事前確定運賃を導入しているのが特徴だ。

現在は北海道、宮城、東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、広島、福岡、長崎、沖縄でサービスを提供している。東京の都心部限定だが、ワンランク上のサービスをタクシーより安く利用できる「DiDi Special」も展開している。

2022年6月の同社の発表によると、2022年5月の注文回数は前年同月比で2倍増となったという。2022年1〜5月の累計利用回数も、前年同期比で1.7倍と、2022年1月以降増加を続けているようだ。同社はタクシー配車アプリが浸透し、実際にDiDiの使いやすさや利便性などが顧客に認められたことで、利用回数が増えていると分析している。

■頭ひとつ抜き出た存在になるか

2022年に入って順調に利用回数も伸ばしている様子のDiDiモビリティジャパン。多様なキャンペーンも続々と提供し、話題を集めている。日本でのタクシー配車会社の中で、頭ひとつ抜き出た存在になるのか、今後も注目していきたい。

※官報に掲載された決算公告に関する記事は「自動運転・MaaS企業 決算まとめ」から閲覧頂くことが可能です。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事