Uber採用のサービス導入!熊本市、スマホでバス乗り放題可能に

ジョルダンが発表、モバイルチケットを販売



出典:熊本市プレスリリース

経路検索大手のジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:佐藤俊和)は2021年10月31日までに、熊本県熊本市でキャッシュレスで購入・利用できるモバイルチケット「まちなかループバス24時間乗り放題チケット」の提供を開始した。

このモバイルチケットは熊本市がMaaSサービスの一環として企画したもので、九州産交バスと熊本電気鉄道がバスを運行する。







■ジョルダンのアプリ「乗換案内」で販売

今回提供がスタートした「まちなかループバス24時間乗り放題チケット」は、ジョルダンが運営するアプリ「乗換案内」にて販売する。

これまで必要だったチケット購入のための場所探しや時間が不要となり、スマートフォンがあればこのチケットを利用できるようになる。チケットの販売は日本語と英語に対応しているという。

「まちなかループバス」は熊本市街の観光地やショッピング・グルメスポットを効率よく巡るバスで、土日祝日のみ15分間隔で運行する。チケットは24時間乗り放題で大人300円、子ども150円となる。

出典:ジョルダン・プレスリリース
出典:ジョルダン・プレスリリース
■Masabi社はどんな企業?Justrideとは?

「まちなかループバス24時間乗り放題チケット」では英Masabi(マサビ)社のモバイルチケッティングサービス「Justride(ジャストライド)」の技術が採用されている。

Masabi社は、ニューヨークやデンバー、ロンドンなどに拠点を持ち、日本ではジョルダンが2019年1月に総代理店契約を締結した。Masabi社は運賃支払い方法「Fare Payments-as-a-Service」によって、最新の運賃支払いイノベーションを迅速に提供している。

今回採用されたJustrideは公共交通機関を対象としたモバイルチケッティングサービスで、経路検索からのチケットの購入をスマートフォンで完結させる。アプリでチケットを選んで決済を行うと、2次元コードのモバイルチケットを利用者が受け取ることができる仕組みだ。

Justrideはすでに10カ国で100以上の公共交通機関や事業者に利用されおり、ライドシェア世界最大手のUberでも採用されている。2019年8月には愛知県豊田市の観光型MaaSの多言語対応モバイルチケット「ENJOYとよたパス」のバスチケットでも採用された。

▼Justride Fare Payments Platform|Masabi
https://www.masabi.com/justride-mobile-ticketing/

■Justrideは今後も引く手あまた?

2018年にMaaS市場に参入したジョルダンは、今や国内のMaaS分野における有力企業の1社だ。MaaSサービスを使った活性化を期待する地方は多く、Justrideの技術を採用するアプリは増えていきそうだ。ジョルダンとJustrideの今後の展開に引き続き注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事