補正無しで誤差50cm!日本企業が世界最高水準、高度自動運転を実現へ

アルプスアルパインと古野電気が新GNSSモジュール



出典:アルプスアルパイン・プレスリリース

センシング技術に強みを持つアルプスアルパイン株式会社(本社:東京都大田区/代表取締役社長:栗山年弘)とGNSS受信機やETC車載器を開発する古野電気株式会社(本社:兵庫県西宮市/代表取締役社長:古野幸男)は2021年10月24日までに、高精度測位のGNSSモジュール「UMSZ6シリーズ」を共同開発したことを発表した。

2023年中の量産開始と、グローバル展開を目指しているという。







■コスパよく高精度な車両位置測位を実現

日本では自動運転レベル2の普及が進み、2020年には改正道路交通法などが施行され、自動運転レベル3の市販車の販売も開始されている。

自動運転レベル3は一定の条件下であればアイズフリーが可能だ。自動運転レベル3の普及に向けては、より使い勝手が良く、より高精度な車両位置測位が求められているが、「UMSZ6シリーズ」がそれを実現したと言える。

古野電気側が取り組んだこと

今回の共同開発にあたり、古野電気は独自の多周波GNSSチップ「eRideOPUS 9」とアルゴリズムを開発した。多周波GNSSチップは、ノイズの影響を極限まで抑制するExtended Carrier Aiding技術により、コスト削減に寄与する。

また、幅員約3メートルの一般道でも補正情報無しで車両位置誤差50センチの高精度な車両位置測位を実現した。これは車載向けにおいては世界初だという。

アルプスアルパイン側が取り組んだこと

一方、アルプスアルパインは「UMSZ6」として古野電気のチップを初めて活用した。同時に、同社がこれまで培ってきたモジュール化技術により、車載品質を保ちながら製品サイズ17.8×18.0×3.11ミリまで小型化した。

小型化は顧客の設計の自由度を高める。実車環境での性能を今後精査し、実証を通して5Gなどほかの通信モジュールとの連携も評価していくという。

■どこまで完成度を高めていけるのか、注目

そもそもGNSS(Global Navigation Satellite System)とは「全球測位衛星システム」という意味で、アメリカのGPSと日本のQZSS(準天頂衛星)、ロシアのGLONASS、欧州連合のGalileoなどの衛星測位システムの総称だ。

自動運転車が安全に走行するためにGNSSは欠かせない要素であり、位置情報によって提供するコンテンツを変えるスマートカーにおいても必須の要素だ。

うな自動運転レベル3の普及に向け、より使い勝手が良く、より高精度な車両位置測位が求められている。小型でコスパもよく高精度を実現するモジュールは自動運転社会の実現に向けて不可欠な要素だ。

今回発表された新GNSSモジュールはこうした背景もあって開発されたもので、どこまで完成度を高めていけるのか、または他社からさらに優秀な製品が出てくるのか、今後の展開にも注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事