2030年、新車の2割が「自動運転車」に!

調査会社の予測から計算





2030年には新車の2割程度が自動運転車になる——。ある民間調査会社が公表している市場予測をベースに計算すると、こうした将来がみえてくる。

■「自動運転車」の定義は?

「自動運転車」と一言で言っても、技術レベルなどによって自動運転化の度合いが異なる。具体的には、自動運転レベルは1〜5までの段階に分類される。







・レベル1(運転支援)システム側が速度かハンドルの制御を担う
・レベル2(部分自動運転)システム側が両方の制御を担う
・レベル3(条件付自動運転)一定条件下での自動運転
・レベル4(高度自動運転)限定エリアでの完全自動運転
・レベル5(完全自動運転)エリアが限定されない完全自動運転

運転主体は、レベル1〜2が「ドライバー」、レベル3は「ドライバーとシステムの両方」、レベル4〜5は「システム」と一般的に解釈される。そのため、レベル4~5こそ自動運転車と定義できるだろう。

■将来は台数がどう変化していく?

矢野経済研究所が2019年5月に発表した将来予測(新車への搭載ベース)では、レベル1〜5の全台数とレベル4以上の台数は次のように推移していく。一番右の列にはレベル4以上の割合を計算して示した。

出典:矢野経済研究所の調査データを参考に作成

レベル4以上の台数は2030年になると全体の約18%占めるという結果だ。2025年の割合が約2.5%ということを考えると、2030年までの5年間で大幅に普及が進むようだ。

■【まとめ】夢の車が普及はすぐ

自動運転車はドライバーを運転から解放する夢のような乗り物と言える。ヒューマンエラーによって事故も減る。自動運転車の普及は遠い未来のように思えるが、映画やマンガでみたような未来の風景はすぐそこに来ている。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事