多角化がUberを救う?米ライドシェア大手2020年4〜6月期決算、コロナでダメージ

準大手Lyftの状況は?



米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズとリフトの2020年4〜6月期決算がそれぞれ発表された。4〜6月はまさにコロナ禍の真っただ中であり、外出制限により配車サービスの需要は大きく減少している。







両社の決算の数字から新型コロナウイルスがライドシェア事業に与えた影響などに触れていこう。

■多角化で救われるウーバー!?

ウーバーの2020年4〜6月期決算によると、ライドシェアなどの移動サービス部門の予約数は前年同期比で73%減少している。売上高は約65%減の約7億9000万ドル(約837億円)だった。

一方で料理を配達するウーバーイーツは好調で、予約数は2倍以上に増え、売上高も約2倍の12億ドル(約1300億円)だった。予約数、売上高ともに配達サービス部門が移動サービス部門を初めて上回ったという。

ウーバーは7月、料理宅配で競合する米ポストメイツの買収に合意した。ステイホームが求められる中、ウーバーは飲食店の食事や飲み物以外に、食料品店や薬局などが扱う商品も配達の対象として広げていくことに力を入れている。

ダラ・コスロシャヒCEOは配達サービスについて「贅沢なもの」から「実用的なもの」に人々の認識が変わったことを指摘しており、更なる需要増加を見込んでいる。

■リフトの売上高は前年同期比61%減

ウーバーの背中を追う業界準大手のリフトが発表した4〜6月期決算では、売上高が前年同期比61%減の3億3934万ドル(約360億円)だった。ウーバーと同様、新型コロナウイルスの影響を大きく受け、利用者が大幅に減ったことが原因と考えられる。

ライドシェアの利用者数は前年同期と比べ6割減だった。単価も2%落ち、最終損益は4億3711万ドル(約470億円)の赤字となった。

ローガン・グリーンCEOによると、リフトの7月の乗車数は4月より78%増加し、6月比でも12%改善しているものの、前年比では半数ほどの水準にとどまっているという。本格的に回復するにはまだまだ時間がかかりそうだ。

■ライドシェア一本だと厳しい?!

2社の決算報告から、リフトのようにライドシェア一本だと厳しいことがうかがえる。ウーバーの移動サービスが落ち込む一方で配達サービスが好調であるように、新型コロナウイルスの収束の見込みが立たない今、多角的な事業は必須だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事