JR東日本 に関する記事

BRT路線で自動運転バスの実証実験 JR東日本やソフトバンクなど参加

JR東日本管内のBRT(バス高速輸送システム)路線で2018年12月12日から2019年3月8日にかけ、自動運転バスの技術を検証する実証実験が実施される。実施場所は岩手県陸前高田市の大船渡線BRT竹駒駅周辺で、車線維持や速度制御、正...

MaaSアプリ「Whim」とは? 仕組みやサービス内容を紹介

MaaSに基づいたサービスが世界各地に拡大・浸透し始めている。日本でもソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社が2018年に共同設立した新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」がMaaS分野での事業展...

山手線、自動運転の試験走行実施へ 年末年始の時期、終電後に

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は2018年12月5日までに、自動列車運転装置(ATO)の開発に向けた試験走行を終電後の時間帯に山手線全線(34.5キロ)で行うことを発表した。JR東日本はグループ経営ビジョン「変革2027」の中...

JR東日本、新幹線試験車両「ALFA−X」の自動運転化へ研究

東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:深澤祐二)=JR東日本=は2018年10月5日までに、新幹線の試験車両「ALFA−X」のデザインや開発状況についての報道発表を行った。その中で、将来的な自動運転技術の搭載を...

JR東日本と東急電鉄が仕掛ける観光型MaaSとは 2次交通統合型サービス提供...

東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:深澤祐二)=JR東日本=と東京急行電鉄株式会社(本社:東京都渋谷区/取締役社長:髙橋和夫)は2018年9月30日までに、国や自治体と連携した「観光型MaaS」の提供について...

品川駅前の上空に自動運転ターミナルなど創設 京浜急行や西武、JR東日本が推進...

品川駅西口駅前広場の上空に未来型の駅前空間を整備する計画が進んでいる。国土交通省は2018年9月27日までに計画の中間とりまとめを発表。自動運転車の「次世代型交通ターミナル」や「賑わい広場」を配置し、日本の顔となる「世界の人々が集い交わる未...

MaaSとは? 読み方や意味・仕組み、サービス・導入事例まとめ

自動車業界のみならず、交通サービス提供事業者全体を巻き込み大きな話題となっているMaaS。現在の交通体系を一変させるほどの可能性を有する新たなサービスで、MaaSの文字を目にする機会も徐々に増えてきているものの、まだまだなじみは薄い...

JR東日本や先進モビリティ社、自動運転バスの実証実験 BRT専用道で自動運転...

鉄道会社大手の東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:深澤祐二)=JR東日本=は、「モビリティ変革コンソーシアム」の実証実験を開始すると2018年9月7日までに発表し、自動運転バスを用いた実証実験を2018年12...

【2018年8月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

2018年4~6月期の各社の決算状況をはじめ、高級スポーツカーでおなじみのポルシェによる自動運転システム搭載車の発表、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期の始動、埼玉工業大学の取り組み、米テスラ社CEOのイーロン・マス...

JR東日本、山手線で自動運転導入へ 人手不足解消へ検討チーム発足 ゆりかもめ...

JR東日本が山手線などで業務員などを乗せないで運行する「自動運転方式」を検討していることが、2018年8月13日までに分かった。読売新聞が報じた。 いつからこの新方式を導入するかは明らかになっていないが、報道などによると、当初...