JR東日本

MaaS(Mobility as a Service|マース)とは?【202...

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2024年に入ってもその勢いは衰える...

自動運転、次は東北で「なんちゃってレベル4」認可 汎用性に課題感

国土交通省・東北運輸局は2024年3月、JR東日本らがBRT路線で取り組む自動運転バスについて、レベル4の認可を行ったと発表した。国内4例目で、東北地方では初のレベル4となる。 今回の自動運転のポイントは、走行速度と車両サイズ...

デジタル庁、自動運転サービスなどカタログ化!運行管理は年6,000万円が相場...

デジタル庁はこのほど、デジタル実装の優良事例となるサービス・システムをまとめたカタログを発表した。デジタル田園都市国家構想の採択事業のうち、マイナンバーカードを利活用するサービス・システム(マイナンバーカード利用横展開事例創出型採択...

続々発表!加速する「鉄道自動運転化」の取り組み

南海電気鉄道株式会社(本社:大阪府大阪市/社長兼COO:岡嶋信行)=南海電鉄=は、和歌山港線で2023年8月ごろから自動運転走行試験を開始する。 この走行試験は「添乗員付き自動運転(GoA2.5)」の実現に向けてのもので、鉄道...

日本が誇る「新幹線」の自動運転化が加速!JR東とJR西がタッグ

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)と西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)は2023年5月14日までに、新幹線の自動運転について技術協力することを発表した。 両社は相互直通運用を行う北陸新幹線のE7系・W7系をベースに、自動運...

JALとJR東日本、MaaSを海外展開!ハワイで実証スタート

日本航空(JAL)と東日本旅客鉄道(JR東日本)は、ハワイでMaaSの実証実験をこのほど開始した。実証の対象者は日本からハワイへの旅行者で、2024年3月31日まで行われる。 この発表でいうMaaSとは、ハワイでの旅行計画を簡...

JR東日本が堂々宣言!「自動運転レベル4認証取得を目指す」

JR東日本は2023年4月6日までに、気仙沼線BRTにおける自動運転レベル4の認証取得を目指すことを発表した。 2022年12月に営業運転を開始した気仙沼線BRTの自動運転バスは、現在は「自動運転レベル2」で運行しているが、2...

ドローンの「レベル4自律飛行」見据え、JALなどが長期実証

2022年12月5日に施行された改正航空法において、「有人地帯における補助者なし目視外飛行(レベル4飛行)」が可能となった。これを機に、日本航空(JAL)などが2023年2月1日から、東京あきる野市でドローンを活用した医療物資輸送運...

JR各社のMaaS戦略(2022年最新版) バス・鉄道をどう活かす?

日本列島を縦断する鉄道網は、古くから公共交通の要として大きな役割を担ってきた。鉄道網や駅を基点に発展してきたまちも数多い。経済や人口の一極集中など時代の変化の影響を受けつつも、移動や輸送の大動脈という位置付けは今も変わらない。 ...

スマホ1つで「回遊軽井沢」!最先端MaaSを試してみては?

長野県軽井沢町において、スマホ1つで回遊できる地域・観光型MaaS「回遊軽井沢」サービスの提供が始まる。提供期間は2022年9月26日〜2023年3月31日だ。サービス内容としてはオンデマンド交通「よぶのる軽井沢」や「交通電子チケッ...