Alibaba(アリババ)

アリババ、「テスラキラー」と自動運転AIの訓練センター

中国EC大手のアリババと中国新興EV(電気自動車)メーカーのXpeng Motorsはこのほど、自動運転車用のソフトウェアの訓練を行うためのクラウドコンピューティングセンターを共同で開設することを発表した。 このセンターは中国...

孫氏「7兆円がほぼゼロに」 ビジョンファンド累計利益

ソフトバンクグループ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役会長兼社長:孫正義)=SBG=は2022年8月8日午後、2023年3月期第1四半期(2022年4〜6月)の決算を発表した。 四半期損益は前年同期は7,615億円の黒字だ...

自動配送ロボット、中国で「爆発的拡大」の予兆

中国で現在、自動配送ロボットのサービス実証が大きく加速しているようだ。EC事業者やスタートアップの競争が白熱し、中国内各都市で導入を目指す動きが活発化している。 この記事では、開発・サービス各社の動向について解説していく。 ...

自動運転機能のコストを38万円に アリババ出資のDeepRoute.ai

中国EC最大手アリババが出資している中国のスタートアップ企業DeepRoute.aiは2022年4月27日までに、自動車メーカーの車両にオプションとして搭載可能な自動運転機能のコストを、現在の1万ドル(約128万円)から70%削減で...

中国初!アリババ出資のAutoX、レベル4自動運転車の製造ライン完成

アリババが出資している中国のスタートアップ企業AutoXはこのほど、自動運転レベル4(高度運転自動化)のロボタクシーの製造ラインを中国で初めて完成させたと発表した。 この製造ラインは2021年7月に操業を開始した工場内にあり、...

ビジョンファンド、モビリティ&ロボット分野で全投資の34%!ソフトバンクG決...

ソフトバンクグループは2021年11月8日午後、2022年3月期第2四半期の決算発表をおこなった。 2021年4〜9月の上期の連結業績は、売上高が前年同期比13.4%増の2兆9,835億400万円、四半期利益は同80.7%減の...

中国ライドシェア最大手DiDiが米市場で上場!ビジョンファンドが筆頭株主

中国のライドシェア最大手であるDidi Chuxing(滴滴出行)が2021年6月30日、ニューヨーク証券取引所に上場した。ライドシェア企業としては、米Uberや米Lyftもすでに上場しているが、株価はあまり振るっていない。一方でD...

自動運転向けのクラウドプロバイダーまとめ!活用事例も解説

ITやテクノロジー企業が相次いで参入する自動運転分野。グーグル系Waymoのように自ら自動運転車を開発し、業界をリードする姿も目立つが、このほかにも大きな伸びを見せている事業領域がある。クラウドコンピューティングサービスだ。 ...

「中国版テスラ」XPeng、自動運転駐車機能の提供を開始!自社EVの優位性ア...

中国のEV(電気自動車)スタートアップである小鵬汽車(XPeng:シャオペン)は2021年6月23日までに、同社の2モデル目となる市販EV「P7」から、バレー・パーキング・アシスト(VPA)が可能なソフトウェアを展開することを発表し...

自動運転に参入した大手ITハイテク企業10社、最新動向まとめ!

21世紀の世界経済をけん引するIT企業。米国ではグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトの「GAFAM」がビッグ・テックとして君臨する。一方、中国でも同様にバイドゥ(百度)、アリババ、テンセント、ファーウェイの「...