Alibaba(アリババ)

中国ライドシェア最大手DiDiが米市場で上場!ビジョンファンドが筆頭株主

中国のライドシェア最大手であるDidi Chuxing(滴滴出行)が2021年6月30日、ニューヨーク証券取引所に上場した。ライドシェア企業としては、米Uberや米Lyftもすでに上場しているが、株価はあまり振るっていない。一方でD...

自動運転向けのクラウドプロバイダーまとめ!活用事例も解説

ITやテクノロジー企業が相次いで参入する自動運転分野。グーグル系Waymoのように自ら自動運転車を開発し、業界をリードする姿も目立つが、このほかにも大きな伸びを見せている事業領域がある。クラウドコンピューティングサービスだ。 ...

「中国版テスラ」XPeng、自動運転駐車機能の提供を開始!自社EVの優位性ア...

中国のEV(電気自動車)スタートアップである小鵬汽車(XPeng:シャオペン)は2021年6月23日までに、同社の2モデル目となる市販EV「P7」から、バレー・パーキング・アシスト(VPA)が可能なソフトウェアを展開することを発表し...

自動運転に参入した大手ITハイテク企業10社、最新動向まとめ!

21世紀の世界経済をけん引するIT企業。米国ではグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトの「GAFAM」がビッグ・テックとして君臨する。一方、中国でも同様にバイドゥ(百度)、アリババ、テンセント、ファーウェイの「...

EC大手、自動運転配送に熱視線!アリババ、Amazon、楽天、京東集団の取り...

中国EC最大手のアリババは2021年6月、傘下の物流企業「菜鳥網絡(Cainiao Network)と自動運転トラックを共同開発する計画を発表した。1年以内に自動配送ロボット1,000台の導入も目指すという。 アリババや米アマ...

中国EV戦争、シャオミ参入で混沌&激化!自動運転技術の搭載見据え

中国の大手スマートフォンメーカーである小米(シャオミ/Xiaomi)は2021年3月30日、ビジネス領域を「Smart Electric Vehicle」(スマート電気自動車)に拡大すると発表した。 報道発表によれば、スマート...

カリフォルニア、自動運転で続々「完全無人」許可!6社目は百度

米カリフォルニア州で「完全無人」による自動運転での公道試験走行の許可が次々と出されており、2021年1月に認可を受けた中国・百度(バイドゥ)で6社目となった。 カリフォルニア州の車両管理局(DMV)では、セーフティドライバー付...

遂に出揃ったAmazonとAlibabaの宅配ロボ!勝つのはどちら?ともに自...

中国・アリババグループでクラウドコンピューティングやAI開発・サービスなどを手掛けるアリババクラウドは2020年9月、年次イベント「Apsara Conference 2020」で自律走行が可能な配送ロボット「小蛮驢(シャオマンリュ...

中国、もう自動運転実証の動き復活?AutoXが無人無料タクシー 新型コロナ終...

世界中が新型コロナウイルスの蔓延に伴う自粛ムードの中、いち早い感染拡大の終息気配漂う中国で、「あの企業」がこの機に自動運転タクシーで海外企業を出し抜こうと、仕掛けを打ってきた。 あの企業とは、自動運転開発スタートアップである「...

自動運転を機に下克上!?ホンダのCASE、提携状況まとめ

自動車開発において独自路線を貫いてきた印象が強いホンダ。自動運転領域においてもこれまで他社を驚かせるような発表を行わず、堅実な路線を歩んでいるかのように思われたが、ここにきて「下剋上」を想定させる動きを見せてきた。 他社に先駆...