AI(人工知能)

ティアフォーの自動運転/Autoware戦略(2021年最新版)

名古屋大学発の自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:武田一哉)。オープンソースの自動運転OS(基本ソフト)「Autoware(オートウェア)」を武器に世界で活躍する有力スタートアップ...

トヨタの自動運転車、車種や価格は?レベル3〜4はいつ実現?

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2021年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 同社のブランドは今後も揺るぎないも...

ダイナミックマップとは?自動運転の基盤となる地図、トヨタやゼンリンの動きは?...

自動運転業界では、一定条件下で自動運転が可能なレベル3の市販車が発売され、いよいよ自動運転時代の幕開けといった様相を呈している。レベル3はまだ運転手を必要とするが、次のフェーズであるレベル4では特定エリアでAI(人工知能)が全ての運...

空飛ぶクルマとは?いつから乗れる?必要な技術は?

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進む。 国内では、官民一体となって研究開発や実用化を見据えた法整備、...

自動運転車向けセンサーまとめ!LiDAR、ミリ波レーダー、カメラ

自動運転や先進運転支援システム(ADAS)などでは、高精度カメラのほか、光の先進技術を活用したレーザーレーダーである「LiDAR」(ライダー)などのセンサーを活用し、システム側が車両周辺の環境を認識する。 AI(人工知能)が自動運転車...

自動運転、保険や地方創生の側面からも研究!明治大の総合研究所

自動運転の研究開発は民間企業だけで行われているわけではない。日本国内の大学でも盛んに行われるようになってきており、明治大学もその1つだ。 明治大学自動運転社会総合研究所(MIAD)は、自動運転を社会実装化させるため、研究所内に「技術」...

自動運転の最高位「レベル5」、システムと人の役割分担の考え方

日進月歩で開発が進む自動運転。条件付きで自動運転を可能とするレベル3、一定条件下で無人運転を可能とするレベル4の社会実装が始まり、現在普及期を迎えつつある。レベル4以降の自動運転技術では、ドライバーの存在を完全に排除した無人システム...

トヨタWovenが買収するCARMERAの実力とは?自動運転を支えるマッピン...

トヨタの子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区/CEO:ジェームス・カフナー)は2021年7月19日までに、米スタートアップのCARMERA(カーメラ)を買収することを発表した。 201...

百度(Baidu)自動運転開発の年表!アポロ計画推進、中国で業界をリード

自動運転分野で一気に頭角を現した中国。その中国において、並み居る有力スタートアップに譲らず自動運転の開発シーンをリードし続ける企業がある。IT大手のBaidu(百度)だ。その勢いは世界トップクラスと言っても過言ではない。 この...

自動運転が「不気味の谷」を超えた!

「不気味の谷」という言葉がある。ロボットを人間に似せていくと、人間とあまり似ていないときは好感度を持てるが、似すぎると気味が悪くなるという現象だ。 この不気味の谷を超えることが、ヒューマノイドロボットの開発において、非常に重要...