米国ニュース に関する記事

アメリカに関連する自動運転やライドシェア、AI(人工知能)などに関する最新ニュースやコラムを掲載しています。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

米ライドシェア業界2位のリフト、IPO実施で資金調達検討か ウーバー猛追中

米ライドシェア業界2位のリフト社がIPO(新規株式公開)を検討していることが、2018年10月12日までに分かった。米ニュースメディアのブルームバーグが報じた。報道によれば、2019年3〜4月ごろの実施を目指しているという。 ...

米国で完全自動運転の社会実験へ センサー故障で強制停止、レベル4以上想定

人間のコントロール下に置かれない完全自動運転車の公道走行の実現に向け、アメリカで担当局によるルール作りの動きがにわかに注目を集め始めている。 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2018年10月11日までに自動運転車に関す...

自動運転業界、スピンアウト系スタートアップが躍進 Aeva、Aurora、P...

自動運転業界では最近、大手企業からのスピンアウト組が立ち上げたスタートアップの躍進が目立つ。例えば最近では、元アップルのエンジニア2人が立ち上げた「Aeva」が自動運転車両向けのコンパクトで格安の次世代センサーシステムを開発・発表し...

米ライドシェア大手ウーバーのマッチング技術支える米Elastic社、IPOで...

米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズやウーバーを追いかけるリフト社が採用している検索・マッチング技術を開発する米Elastic社(本社・カリフォルニア州)が2018年10月9日までに新規株式公開(IPO)を実施した。 I...

テスラの半自動運転機能「オートパイロット」、地球100周に1回の事故率

自動運転の方が手動運転より事故率が低い——。米電気自動車(EV)大手のテスラは2018年10月8日までに、テスラのセミ自動運転機能「オートパイロット」を作動中は334万マイル(約537万キロ)に1度しか事故が起きない、とのデータを発...

自動運転AIと歩行者の「意思疎通」規格、米フォードが統一化へ連携呼び掛け

「点滅」は「動きだそうとしている」、「左右に動く光」は「止まろうとしている」のサイン——。 アメリカ大手自動車メーカーのフォードが、完全運転自動車のAI(人工知能)の「意図」を歩行者などに伝えるため、光の動きや点灯を使ったこの...

アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏「自動運転は無理だよ」と発言...

スペイン・バルセロナで2018年9月に開催されたマスターカード主催のイベント「Connecting to Tomorrow(明日へつなげる)」で、スティーブ・ジョブス氏とともにアップル社を創業したスティーブ・ウォズニアック氏がゲスト...

米JPモルガンがライドシェア調査…運転手増加も給与は半減 ウーバーやリフト「...

米金融大手のJPモルガン・チェースが保有するシンクタンクの調査によれば、アメリカ国内ではこの5年間(2013年から2018年)でライドシェア運転手の数が530%増加している。しかし一方で給与は53%減少しているようだ。 調査結...

米スタートアップHEVO、電気自動車向けにワイヤレス充電機器を開発 1台価格...

元アメリカ陸軍大尉が設立したスタートアップ企業HEVOが、電気自動車(EV)の自動運転車や一般車向けのワイヤレス充電危機の開発に力を入れている。 米メディアの報道などによると、EVの充電ステーションは現在のアメリカ国内に58万...

米ナイト財団がデトロイトなどに5億3000万円を投資 スマートシティ化で経済...

アメリカで最大規模の破産自治体という顔を持つ米ミシガン州南東部の街デトロイトが活気づく起爆剤になるかもしれない。非営利慈善団体である「ナイト財団」は2018年9月21日までに、デトロイトなどに525万ドル(約5億3000万円)を投資...