白タク に関する記事

ライドシェア活用拡大へ道路運送法を改正 安倍首相が方針

安倍晋三首相は2019年3月7日に開催された未来投資会議において、道路運送法を改正し、所有する自動車で有料で客を運ぶ「ライドシェア」の活用拡大に取り組む方針を示した。共同通信が報じた。 アメリカや中国のように全面解禁というより...

東京都の音喜多議員、「ライドシェアを白タクと結び付け攻撃」と都民ファーストの...

東京都議会の音喜多駿議員は2018年10月8日、都議会の最終日(5日)に議決された「白タク行為への更なる対策強化を求める意見書」(発起人・都民ファーストの会)について、「『ライドシェア』を白タク行為と結び付けて攻撃する意図があること...

名古屋で「ウーバータクシー」スタート 日本での独自サービス アプリ活用、クレ...

配車サービス最大手の米ウーバー・テクノロジーズ(本社:米サンフランシスコ/CEO:ダラ・コスロシャヒ)は2018年9月12日までに、スマートフォンアプリを利用した配車サービス「ウーバータクシー」を愛知県名古屋市でスタートさせた。地元...

孫正義の事業観(3)中国・滴滴出行との記者会見の全貌 ソフトバンク特集—ライ...

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:宮内謙)は2018年7月19日、中国でライドシェア事業を手掛ける滴滴出行(DiDi Chuxing:ディディチューシン)と共同記者会見を東京都内で開き、日本国内で次世代タクシー...

孫正義の事業観(1)「馬鹿な国」発言はポジショントークか ソフトバンク特集—...

100年に1度のパラダイムシフト。その機を孫正義は逃さない。 ソフトバンクが通信会社からのさらなる昇華を目指している。「夢の技術」と言われてきた自動運転、シェアリングエコノミーの代表格とも言えるライドシェア…。10兆円ファンド...

【予告編】4回連載・孫正義の事業観 ソフトバンク特集まとめ—ライドシェア・5...

自動車業界で100年に1度とも呼ばれるパラダイムシフトが起きている。自動運転やライドシェアなどの新たな革新的技術や次世代サービスが登場し、大手自動車メーカーからスタートアップまで、世界を巻き込む熾烈な市場競争が巻き起こっている。 ...

ライドシェア大手ウーバー、淡路島で配車アプリの実証実験開始

米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズが、兵庫県淡路島で「配車アプリ」の導入に向けた実証実験を2018年7月24日までにスタートさせた。実証実験は淡路島総合観光戦略の一環として実施され、「白タク」にはならない。 しかしウ...

nearMe.でタクシー相乗りマッチング 元楽天の起業家が新アプリ ライドシ...

株式会社NearMe(本社:東京都千代田区/最高経営責任者:髙原幸一郎)が、既存のタクシーに相乗りする相手を探すマッチングアプリ「nearMe.」の運用を、東京都内で2018年6月からスタートさせた。営利目的のライドシェアに対して解...