法律

国交省が国際ライドシェア報告書を公表 ウーバーなどの普及状況も調査 解禁議論...

国土交通政策研究所は2018年7月2日までに、ライドシェアビジネスの国際動向をまとめた報告書を公表した。アジア11カ国・地域や欧米など各国の状況、日本の課題などが全116ページにわたって掲載されている。 相次ぐ新規参入と規制の...

年間300万台規模も!? 2030年の自動運転車販売、日本市場で

政府が2018年6月にまとめる成長戦略の原案で、2030年までに国内新車販売台数の3割以上を自動運転レベル3相当の自動運転車にする目標を掲げたことが、日経新聞の報道などで分かった。2030年の日本国内の自動車生産台数は1000万台規...

EUは「2030年代」に完全自動運転を実現 100兆円市場誕生に期待

欧州連合(EU)の欧州委員会は2018年5月17日、完全自動運転社会を2030年代に実現するための工程表(ロードマップ)を発表した。いち早く域内基準を策定することで国際ルールをめぐる世界の主導権争いをリードしていく狙いだ。 工...

自動運転が抱える5つの課題とは? AIの完成度やハッキング対策…

今や人間の社会生活になくてはならない存在となった自動車。急速に発展を遂げる自動運転技術により、この自動車を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。多くのメリットがあるからこそ業界をあげての開発競争が進んでいるわけだが、まだ見ぬ不確定...