契約 に関する記事

自動運転、介護の現場にも!オリックス・リビング、米ロボット企業Aeolus ...

有料老人ホームなどの運営を手掛けるオリックス・リビング株式会社(本社:東京都港区/社長:森川悦明)は2019年6月7日までに、自動運転(自律走行)機能などが搭載されたAI(人工知能)搭載型サービスロボットの導入に向け、米Aeolus...

税当局、目を光らす!ライドシェアからの巨額税収に照準

世界中で市場拡大を続けているライドシェアに対して、政府がきっちり税金を確実に徴収しようという動きが出てきた。 メキシコ政府は2019年5月20までに、ライドシェア最大手の米ウーバーテクノロジーズのライドシェア業務をおこなう運転...

キャンピングカー社、MaaS事業推進に向けイード社と業務資本提携

キャンピングカー関連事業を手掛けるキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:頼定誠)は2019年5月20日までに、自社のMaaS事業を一層推進するため、自動車メディアの運営なども手掛ける株式会社イードと業務資本...

BlockChainで走行記録の改ざん防ぐ 台湾企業、自動車保険開発で活用

仮想通貨の基幹技術「ブロックチェーン」を使って自動車の走行データを改ざんできなくさせた上で、運転の仕方や走行量によって保険料が決まる自動車保険を開発する——。こんなプロジェクトが台湾で始まる。 取り組むのは台湾の2社で、ブロックチェー...

パイオニアとキヤノン、3D-LiDARの共同開発契約 高度な自動運転に対応

パイオニア株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役兼社長執行役員:森谷浩一)とキヤノン株式会社(本社:東京都大田区/代表取締役会長CEO:御手洗冨士夫)は2019年4月21日までに、3D-LiDAR(ライダー)センサーの共同開発契約...

空飛ぶクルマ開発のCARTIVATOR、ソフト検証企業のベリサーブ社とスポン...

空飛ぶクルマを開発する日本の有志団体「CARTIVATOR」は2019年4月1日までに、ソフトウェア検証サービスを提供する株式会社ベリサーブとスポンサー契約を締結したと発表した。 CARTIVATORは2012年に活動を開始し...

デンソー、センサー用ヒーター・フィルム製造のフィンランド企業カナツ・オイとラ...

自動運転を実現するためのセンサーは天候や気温などに左右されずに安定して動作しなければならない。例えば霧の中を自動運転車両が走行してセンサー表面に水滴がたくさん付着したとしてもだ。 こうした状況を防ぐことに長けたセンサー用フィル...

自動運転車のレンタル料金、年間1500万円がアメリカでの相場か 実証実験用や...

いま現時点で自動運転車をレンタルしようと思ったら、年間いくら位かかるのだろうか?アメリカでは年間契約すると約1500万円ほどが相場であるようだ。米メディア「アクシオス」が報じた。 報道によれば、自動運転シャトルバスを開発してい...

テラドローン社、空飛ぶクルマ開発のCARTIVATORを支援

ドローン事業を手掛けるテラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:徳重徹)は2018年11月29日、2020年に空飛ぶクルマの実証実験実施を目指している有志団体「CARTIVATOR」への支援を開始すると発表した。 ...

カナダのブラックベリー社、自動運転事業で収益増 車載ソフトウェア「QNX」部...

スマートフォン事業で一世を風靡したカナダのブラックベリー社が、自動運転事業で快調な復活劇を繰り広げている。元々スマホ向けOSとして使用していた技術を自動運転事業向けに活用し、既に世界の大手企業と使用ライセンス契約を結んでいる。 ...